TOP
研究領域トップ
調味料
卵
野菜
加工食品
栄養食品
ファインケミカル
健康・栄養
おいしさ
容器包装
安全・安心
学会発表・論文トップ
PICK UP④
PICK UP③
PICK UP②
PICK UP①
学会発表・論文リスト(年代別)
学会発表・論文リスト(分野別
組織体制
SPECIAL CONTENTS プロジェクトストーリー Vol.2 日本からアジアへ ノロウイルス、不活化への挑戦
研究領域 学会発表・論文 組織体制
研究領域トップ 調味料 卵
野菜 加工食品 栄養食品
ファインケミカル 健康・栄養 おいしさ
容器包装 安全・安心    
研究領域 学会発表・論文 組織体制
学会発表・論文トップ
PICK UP④
PICK UP③
PICK UP②
PICK UP①
学会発表・論文リスト(年代別)
学会発表・論文リスト(分野別
研究領域 学会発表・論文 組織体制
研究領域 学会発表・論文 組織体制
組織体制

研究開発本部について 「その技術から生まれる感動をお客様に」

キユーピーグループでは、マヨネーズやドレッシングなどの調味料、卵の可能性を広く研究した卵素材品や卵加工品、おいしくて便利なパッケージサラダや惣菜類、ジャムやパスタソース、農水産加工品、ベビーフード、介護食などといった加工食品、ヒアルロン酸などの医薬品・化粧品素材まで幅広い事業を展開しています。多岐にわたる事業展開を研究開発の面から支えているのが研究開発本部です。
研究開発本部には、研究開発に必要な様々な技術を生み出す「技術研究所」と、その技術を活用し実際の商品を開発する「商品開発研究所」の二つの研究所があり、互いに連携しています。 その研究開発を円滑に進めるための企画、情報収集、発信でサポートしているのが研究推進部です。

2013年11月に、研究開発本部は中河原工場敷地内(東京都府中市住吉町)から、「仙川キユーポート」(東京都調布市仙川町)に移転しました。 ものづくりと新価値づくりの拠点である「仙川キユーポート」にて、これまで以上にグループ協働により、シナジーを発揮し、食を通じた新たな価値の創造に取り組んでまいります。

事業拠点がある米国・中国・タイ・マレーシア・ベトナムには、それぞれ研究開発拠点を置いて現地の食文化に根付いた商品開発を行っています。また、インドネシアなどの地域で製造・販売する商品についてはキユーピー研究開発本部が商品開発を担っています。

キユーピー研究開発本部の組織体制

キユーピー研究開発本部の組織体制

キユーピーグループのグローバル研究開発拠点

キユーピーグループのグローバル研究開発拠点