グローバルナビゲーション


本文

企業・IR・採用

キユーピーアヲハタニュース

2011/1/28 No.17

★新商品

<新キャラクター採用!>

キユーピー マヨネーズ
リサとガスパール(瓶) 300g

1月下旬から全国に出荷
 キユーピーは、「リサとガスパール」を描いた瓶入りマヨネーズを新発売します。
 瓶入りマヨネーズは、キユーピーが日本で初めてマヨネーズを製造した1925年から継続して発売している商品です。1995年からは「ハローキティ」、「スヌーピー」など幅広く親しまれているキャラクターをデザインした瓶を採用しています。使用後の瓶を小物入れとして楽しめることからも根強い支持をいただいています。
 「リサとガスパール」は、フランスの絵本に出てくるキャラクターで、子どもから大人まで幅広く親しまれています。今回発売する「リサとガスパール(瓶)」は、年間2パターンのデザインで展開します。第1弾は海外旅行バージョン「PARIS」、第2弾は国内旅行バージョン「JAPON」です。
キユーピーマヨネーズ・リサとガスパール(瓶)
キユーピー マヨネーズ・リサとガスパール(瓶)「PARIS」(左)と「JAPON」(右)


 商品の概要は以下の通りです。
1.商品名・内容量・価格・荷姿:
ブランド 商品名 内容量 参考小売価格
(税抜き)
荷姿
キユーピー マヨネーズ・リサとガスパール(瓶) 300g 323円 12個×2

2.出荷日:
[第1弾] 2011年1月下旬〜 [第2弾] 2011年秋〜 全国に出荷
3.商品特長:
キャラクターのデザインを施した、食卓に置いても見た目に楽しいキユーピーマヨネーズです。
使用後の瓶は小物入れとしてご利用いただけます。
【デザイン全体図】
[第1弾]PARIS <1月下旬発売>
ピーターラビット
[第2弾]JAPON <今秋発売予定>
ピーターラビット
【キユーピー マヨネーズの歴史】
 キユーピーは、1925(大正14)年に日本初のマヨネーズを製造・販売しました。発売当時の日本人には生野菜を食べる習慣がなかったため、サケやカニの缶詰などと一緒に食べられていました。戦後、日本人の食生活の変化にともない、生野菜のサラダにマヨネーズをつけて食べる機会が増えました。さらに1958(昭和33)年には、現在主流となっているポリボトルの容器が登場し、マヨネーズは飛躍的に普及しました。最近では、サラダだけでなく、焼き物や炒め物メニューに使われるなど用途は広がっています。
【リサとガスパール】
 Lisa(リサ)とGaspard(ガスパール)は、うさぎでも犬でもないとびきりキュートなパリの住人です。人間の学校に通っており、友達はたくさんいますが、特別仲良しな2人は遊びもいたずらもいつも一緒です。
【瓶入りマヨネーズのデザインの変遷】
 瓶入りマヨネーズのおいしさを知っていただくため、多くの方に親しまれているキャラクターをデザインしています
 1995年〜1998年
 1999年〜2000年
 2001年〜2003年
 2003年〜2005年
 2006年〜2007年
 2008年〜2010年
 2011年〜
  ピーターラビット
ハローキティ
レイモン・ペイネ
スヌーピー
ムーミン
ピーターラビット
リサとガスパール

ローカルナビゲーション

バナー情報
ページトップへ

サイト情報