グローバルナビゲーション


本文

企業・IR・採用

キユーピーアヲハタニュース

2014/11/27 No.53

★新商品

<2種類のヒアルロン酸が持つそれぞれの肌保水力に着目>

キユーピー初の市販向けスキンケア商品
「キユートピア」シリーズ2品を新発売

12月1日(月)から自社通信販売限定で発売
 キユーピーは、新たにスキンケア商品のシリーズ「キユートピア」を立ち上げ、12月1日から自社通信販売限定で新発売します。発売する2品は「モイスチャーミスト」(ミスト状化粧水)、「ピュアヒアロ」(美容液)で、キユーピーが国内自社工場で製造するヒアルロン酸を使用した、肌のうるおいをサポートする商品です。
スキンケア商品のシリーズ「キユートピア」 キユーピーは1980年代からヒアルロン酸の研究を開始し、国内生産の原料メーカーとして、食品・化粧品・医薬品向けに販売してきました。
 新発売するミスト状化粧水「モイスチャーミスト」は、キユーピーが独自に開発した、肌の角質層まで浸透する低分子型のヒアルロン酸(※1)「ヒアロオリゴ®」を配合しています。また、美容液の「ピュアヒアロ」には、肌の表面を膜のように覆い、水分の蒸発を防ぐ高分子型のヒアルロン酸を配合しています。普段使用している基礎化粧品に、2種類のヒアルロン酸を追加することで、より効果的な肌の保湿が期待できます。体内のヒアルロン酸量が減少し、肌の乾燥が気になる40代以上の女性を中心に訴求していきます。

(※1 低分子型のヒアルロン酸:平均分子量が10,000以下のヒアルロン酸)
 「キユートピア」は、キユーピーの研究開発から生まれた機能性素材を使ったスキンケア商品のシリーズです。キユーピーは、機能性素材の研究成果をいかした新しいスタイルのスキンケア提案を通して、いつまでも健康的な肌を保ち、いきいきとした生活を送りたいと願う女性を応援していきます。

「低分子型」と「高分子型」、2種類のヒアルロン酸で効果的な肌の保湿を提案

 これまでの研究から、ヒアルロン酸は分子量の大きさにより、肌への浸透度や、肌の保湿への役割が異なることが分かっています(下記機能性データ参照)。角質層まで浸透する低分子型ヒアルロン酸を配合した「モイスチャーミスト」を使用後に、肌表面を膜のように覆う高分子型ヒアルロン酸配合の「ピュアヒアロ」を使用することで効果的な肌の保湿が期待できます。
おすすめの使用方法 普段使用している化粧品などに加えて2種類のヒアルロン酸をプラス 洗顔→モイスチャーミスト→化粧水→ピュアヒアロ→乳液またはクリーム

商品の概要は以下の通りです。
1.商品名・内容量・価格:
ブランド 商品名 内容量 価格(税込)
キユートピア モイスチャーミスト 80ml 3,780円
ピュアヒアロ 30ml 5,400円
2.発売日
2014年12月1日(月)から発売
3.ターゲット
肌の乾燥が気になる40代以上の女性
4.商品特徴
ヒアルロン酸を配合したスキンケア商品です。
普段の化粧品などに追加して使うことで肌の保湿効果を高めます。
「キユートピア モイスチャーミスト」
キユーピーが独自に開発した、肌の角質層まで浸透する低分子型ヒアルロン酸
「ヒアロオリゴ®」を配合したミスト状の化粧水です。
朝晩の肌の手入れや髪などの乾燥が気になる部位に使用できます。
無香料・無着色
キユートピア モイスチャーミスト
「キユートピア ピュアヒアロ」
高分子型ヒアルロン酸を高濃度(1%溶液)で配合したとろみのある美容液です。
肌表面を滑らかに整えることで水分の蒸発を防ぎます。
普段使用している化粧品に少量を混ぜて使用することもできます。
無香料・無着色
キユートピア ピュアヒアロ


5.販売ルート
キユーピーアヲハタネットショップ(自社通信販売)にて販売
<注文方法>
電話 0120-0365-73
(株式会社トウ・キユーピー 注文ダイヤル)
・通話料無料
・受付9:00〜21:00(年中無休)
インターネット http://www.blueflag.co.jp
(キユーピーアヲハタネットショップ)
http://www.blueflag.co.jp/html/kewtopia_trial.html
(キユートピア特設サイト)
株式会社トウ・キユーピーは、キユーピーグループの通信販売会社です。


<2品に含まれるヒアルロン酸の肌への機能性データ>

 低分子型ヒアルロン酸「ヒアロオリゴ®」は肌の角質層まで浸透し、通常のヒアルロン酸と比較して塗布2日目の肌の水分量を約2倍増加させます(※2)。
グラフ

※2:キユーピーアヲハタニュース2006.No.22参照 (日本薬学会で発表)
 また、「ピュアヒアロ」(高分子型ヒアルロン酸1%溶液)は、肌表面を膜のように覆い、肌表面からの水分の蒸発を防ぐ効果があり、塗布した60分後でも皮膚表面の保湿性が高いことが分かっています。
グラフ
試験概要:
各試料を前腕部に塗布し、継時的に肌水分量を測定

試料:ピュアヒアロ
対照として水を使用

被験者:6名
(20〜30代女性)

キユーピーのヒアルロン酸に関する研究成果

 キユーピーではヒアルロン酸のもつさまざまな機能性の研究を進めています。ヒアルロン酸を食べることで肌水分の維持(※3)や変形性膝関節症の痛みを和らげること(※4)が期待できます。また、化学的に構造を最適化したヒアルロン酸の皮膚バリア機能の修復効果(※5)も確認しています。今後もヒアルロン酸の持つ可能性を探りながら、素材を活用した新たな提案を行っていきます。

※3 当社ホームページ「おしえて!キユーピー ヒアルロン酸のこと」参照
※4 キユーピーアヲハタニュース 2010年 No.31参照
※5 キユーピーアヲハタニュース 2012年 No.27参照

ローカルナビゲーション

バナー情報
ページトップへ

サイト情報