グローバルナビゲーション

トップ > 企業・IR・採用 > IR・財務情報 > 中期経営計画

本文

企業・IR・採用

中期経営計画

 当社グループは、2013年1月に2013年11月期から2015年11月期までの3年間を対象とする中期経営計画を発表いたしました。
 当中期経営計画においては、グループ全体で挑戦する風土を醸成し、国内での持続的成長と海外での飛躍的成長を遂げるべく、「ユニークさの発揮と創造」を源にした4つの経営方針(経営基盤の強化、国内でのイノベーション、海外での本格展開、将来への布石)を定めております。
 当中期経営計画を実現するためには、これらの経営方針を軸に、各事業において収益体質を強化し、資産効率を高めるべく積極的な事業投資および設備投資を行うことが、当社の一層の企業価値および株主共同の利益の向上に資すると考えております。

業績目標

売上高 営業利益と営業利益率 ROA(総資産経常利益率)

  2011.11 2012.11 2013.11 2014.11 2015.11計画
売 上 高 4,864億円 5,050億円 5,305億円 5,534億円 5,730億円
営 業 利 益 208億円 234億円 224億円 243億円 260億円
営 業 利 益 率 4.3% 4.6% 4.2% 4.4% 4.5%
経 常 利 益 219億円 245億円 237億円 254億円 267億円
当 期 純 利 益 94億円 123億円 126億円 134億円 158億円
ROA(総資産経常利益率) 7.8% 8.4% 7.4% 7.3% 7.3%
ROE(自己資本純利益率) 6.0% 7.4% 7.1% 7.0% 7.8%
ページトップへ


基本戦略

ユニークさの発揮と創造
ページトップへ

事業別戦略

  • 調味料事業
  • タマゴ事業
  • サラダ・惣菜事業
  • 加工食品事業
  • ファインケミカル事業
  • 物流システム事業
調味料事業
国内外でグループを牽引する

調味料・加工食品事業
タマゴ事業
技術の進化と新領域への挑戦で存在感を高める
健康機能事業
サラダ・惣菜事業
エリア経営の推進で中食需要を創造する
タマゴ事業
加工食品事業
収益基盤を再構築し、黒字化を具現化する
サラダ・惣菜事業
ファインケミカル事業
成長ドライバーとして利益創出力を高める
ファインケミカル事業
物流システム事業
効率化の追求により競争力を高める
物流システム事業
ページトップへ

詳細をご希望の方は…

2013-2015年中期経営計画のプレゼンテーション資料を
ご覧いただけます。(PDFファイル/1.48KB)

プレゼンテーション資料 10-12年 中期経営計画 事業基盤の強化と、新たな展開への挑戦 [PDF/1.63MB]


事業別業績グラフ参考値

  売上高 営業利益
2013.11 2014.11 2015.11計画 2013.11 2014.11 2015.11計画
調味料 1,454億円 1,515億円 1,585億円 115億円 115億円 126億円
タマゴ 912億円 995億円 1,030億円 34億円 38億円 49億円
サラダ・惣菜 980億円 1,022億円 1,070億円 35億円 33億円 30億円
加工食品 584億円 572億円 625億円 △9億円 2億円 △2億円
ファインケミカル 97億円 107億円 125億円 9億円 10億円 5億円
物流システム 1,203億円 1,268億円 1,240億円 32億円 36億円 41億円
共通事業 76億円 55億円 55億円 8億円 10億円 11億円
5,305億円 5,534億円 5,730億円 224億円 243億円 260億円


ローカルナビゲーション

バナー情報
ページトップへ

サイト情報