メールマガジン
検索
検索
メニュー

グローバルナビゲーション

トップ > 知る・楽しむ > CMギャラリー > テレビCM > キユーピーハーフ「サラダはクールだ」篇

本文

知る・楽しむ

キユーピーハーフ「サラダはクールだ」篇

CM情報をみる
このCMの商品情報はこちら
CMタイトル :「サラダはクールだ」篇
ナレーター :福山雅治
閉じる

CMコピー

♪〜
(ナレーション)
サラダはクールだ。
火を使わない。
電気を使わない。
おいしく、シンプルに。
カロリー2分の1。
キユーピーハーフ。

(スーパー)
salad wrap

撮影秘話・エピソード

おいしくカジュアルにマヨネーズのおいしさを楽しめる。
そんなキユーピーハーフの魅力を、
お好みの具材を葉野菜で巻いて楽しむ「ラップ・サラダ」をテーマにお伝えします。

梅雨入り間もない6月初旬。都内のスタジオにて今回の撮影は行われました。
白地にブルーのアジアン柄が鮮やかなシャツを身にまとい、
約半年前のCM撮影時よりも髪を短くされた福山さんがスタジオに現れます。
アリーナツアーの合間の撮影だからでしょうか、シルエットも一層引き締まった印象です。
30人ほどのスタッフに囲まれるなかで撮影はスタート。それまでスタッフと和やかに
お話されていた福山さんでしたが、セットの立ち位置に着くなり目を閉じて集中。
いざカメラが回り始めると、凛とした表情で「キユーピーハーフ」の世界観を表現してくださいました。
恒例となっている食シーンでは、手元のグリーンロールサラダがよりおいしそうに見えるよう、
調理のスタッフに具体的な指示をされ、撮影現場には「いい映像を撮ろう」という一体感が生まれます。
食べているご自身の姿をモニター映像で見て「ロバっぽい」とコメント。スタッフへの笑いのサービスも忘れません。
撮影の合間の休憩時には、照明スタッフが持参した新型のキックボードを見つけると、
スタッフに乗り方を聞きながら早速試し乗りを始めます。すぐにコツをつかんだ福山さん。
狭いスタジオの中では物足りなくなられたようで、スピードに乗ったままスタジオを飛び出す一幕も。
気心の知れたスタッフに囲まれて終始リラックスされた表情でした。

撮影地:落水荘(Fallingwater)  アメリカ ペンシルベニア州 ピッツバーグ近郊
建築家:フランク・ロイド・ ライト(アメリカ)

  • 戻る
  • CMギャラリートップへ

ローカルナビゲーション

バナー情報
ページトップへ

サイト情報