メールマガジン
検索
検索
メニュー

グローバルナビゲーション

トップ > 知る・楽しむ > CMギャラリー > テレビCM > キユーピー ハーフ 「カサブランカとタジン鍋」篇

本文

知る・楽しむ

キユーピー ハーフ 「カサブランカとタジン鍋」篇

CM情報をみる
このCMの商品情報はこちら
CMタイトル :「カサブランカとタジン鍋」篇
出演者 :福山雅治
ナレーター :福山雅治
演奏 :MOUSE ON THE KEYS with JUN MIYAKE
曲名 :CMオリジナル曲
作曲 :MOUSE ON THE KEYS with JUN MIYAKE
閉じる

CMコピー

♪〜

(ナレーション)
カサブランカの
リックという名のカフェで、
あのアメリカ人は、
何を食べていたんだろう?
おいしく シンプルに。
カロリー2分の1
キユーピーハーフ。

撮影秘話・エピソード

今回のCMは、タジン鍋発祥の地とされるモロッコが舞台です。
おいしくシンプルにマヨネーズのおいしさを楽しめる。
そんなキユーピーハーフの魅力を、タジン鍋で作る蒸しサラダを通じてお伝えします。

梅雨真っ只中の7月初頭、都内のスタジオで撮影しました。
トレンチコートにネクタイ、頭にはチャコールの中折れ帽をかぶった福山さんがスタジオに現れました。往年のアメリカ映画スターのようなスタイリッシュなファッションの福山さんがカメラの前に立つと、モニターのフレームの中にだけ季節を飛び越して秋がやって来ます。
毎回恒例の食シーンでは、ゆでたブロッコリーにキユーピー ハーフをつけてパクッと召し上がります。撮影で必要なシーンはブロッコリーをかじるまでなのですが、福山さんは、カメラが止まったあとも残さずきれいに召し上がっていました。食べ物を大切にするまじめな方です。
昔からキユーピー マヨネーズのファンだとおっしゃってくださる福山さん。大河ドラマの撮影現場でも愛用くださっているそうで、楽屋の冷蔵庫にはいつも「龍馬さんキープ」と書かれたマヨネーズが常備されているとのことです。
グラフィックの撮影では、フードスタイリストが作ったモロッコの家庭料理に舌鼓を打ちます。「たまねぎ感からサフランが来て、バターが来て…うまい!」と、その味を楽しく解説して、撮影現場をなごませます。タジン鍋で作ったキャベツとベーコンにも手を伸ばし、キユーピー ハーフと豆腐をあわせたソースにつけてパクリ。「このベーコンは以前いただいた特別なベーコンですね。」と1年以上前の撮影現場で食べたベーコンをぴたりと当ててしまいました。「口の中にまだいる。アフターが長い!」と、ワインを解説するソムリエのようにその味を説明してくださいました。

  • 戻る
  • CMギャラリートップへ

ローカルナビゲーション

バナー情報
ページトップへ

サイト情報