トップへ
トップ > 野菜を選ぶ > 秋野菜の選び方 > じゃがいもの選び方

じゃがいもの選び方

じゃがいも
●じゃがいもの選び方
じゃがいもを選ぶポイントは、まずどんな料理に使うのかによって品種を選ぶことです。皮は薄く表面がなめらかで全体的に形がふっくらとしており、しっかりとしたかたさがあるものが良いです。あまり大きすぎず中玉くらいのものがよく、しなびた感じの柔らかいものは避けてください。
芽が出始めているものは、栄養分をとられて味が落ちますが、芽が出る直前のものはでんぷんの糖化作用が進み、甘みが一段と増しています。
新じゃがいもの場合は、表面の皮が薄く、指ではがれそうなくらいの物が良いです。薄くはがれ易い物が新しく、古くなるにつれて皮が厚くなり剥がれにくくなります。

●じゃがいもの仲間たち
甘み、食感、そして煮くずれがしにくいかどうかなどで品種が異なります。男爵とメークインが二大品種で有名ですが、その他にもいろいろな種類があるので、料理によって使い分けましょう。

[ 男爵 ] ほくほくした食感が特徴で、ポテトサラダ、コロッケ、マッシュポテトなど加熱しつぶして使う調理に向いています。
[ メークイン ] 長卵形で、しっとりとした食感で煮崩れしにくいのが特徴です。炒め物やカレー、シチューなどの煮物に向いています。
[ キタアカリ ] 黄色の果肉が特徴です。ホクホクとしていて甘みがあり、煮崩れしやすいので加熱時間は短めがおすすめです。ポテトサラダ、味噌汁、ポタージュ、炒め物に向いています。
[ 新じゃがいも ] 春に出る品種。小粒で皮が薄く、皮のまま調理できるところが特徴です。





他の秋の野菜の選び方を見る


にんじんの選び方 玉ねぎの選び方 ぶなしめじの選び方 まいたけの選び方 ごぼうの選び方 さつまいもの選び方 里いもの選び方



関連するコンテンツを見る


春野菜の選び方 夏野菜の選び方 秋野菜の選び方 冬野菜の選び方 オールシーズン野菜の選び方 「食物繊維」を含む野菜たち。 「ビタミンB1を含む野菜たち。」