トップへ
トップ > 野菜を選ぶ > 春野菜の選び方 > キャベツの選び方

キャベツの選び方

キャベツ
●キャベツの選び方
春キャベツの場合は、芯の切り口が小さく、巻きのゆるいものを選びましょう。また、葉が鮮やかなグリーンで全体にツヤとハリがあるものがおすすめです。
一方、冬キャベツは巻きがしっかりと詰まっているものがベスト。持ったときにずしりと重く、かたいものを選ぶようにします。

●キャベツの仲間たち
キャベツは一年中出荷されており、出荷期間によって、春キャベツ、冬キャベツなどに分類されます。かつては、寒玉と呼ばれる巻きがしっかりとした冬系キャベツが流通の主流となっていましたが、近年ではサワー系と呼ばれる春系キャベツの流通も多くなっています。

[ 春キャベツ ] 葉の巻きがゆるく葉質のやわらかいもの。サラダや漬け物などの生食にむいています。
[ 冬キャベツ ] 葉がしっかりと巻かれていてずしりと重いもの。水分が少ないのでロールキャベツやスープのような煮込料理、そして炒め物にも向いています。
[ 紫キャベツ ] 葉が赤紫でアントシアニンが多く、ピクルスやサラダなどの生食に向いています。
[ 芽キャベツ ] 大きさが2-4cmで柔らかく、ビタミンCを豊富に含み、味は一般的なキャベツよりも濃厚で甘みが特徴です。丸のままゆでたり、煮込みや炒め物などの加熱調理に向いています。
[ サボイキャベツ(ちりめんキャベツ) ] 葉がちりめん状にちぢれているため日持ちがする種類。煮込料理向いています。





他の春の野菜の選び方を見る


アスパラガスの選び方 セロリの選び方 スナップエンドウの選び方 クレソンの選び方 たけのこの選び方 そら豆の選び方 さやえんどうの選び方



関連するコンテンツを見る


春野菜の選び方 夏野菜の選び方 秋野菜の選び方 冬野菜の選び方 オールシーズン野菜の選び方 「食物繊維」を含む野菜たち。 「ビタミンB1を含む野菜たち。」