トップへ
トップ > 野菜を選ぶ > 夏野菜の選び方 > かぼちゃの選び方

かぼちゃの選び方

かぼちゃ
●かぼちゃの選び方
丸ごと1個の場合は、緑色が濃く、ずっしりして重量感があり形が整っているものを選びましょう。かぼちゃは収穫後しばらく熟成させたものの方がおいしくなるので、ヘタのまわりがくぼんでいたり、ひびが入っていたりするもの、あるいはコルクのように乾燥しているものは完熟している証拠です。ヘタのまわりを押してみてやわらかいものはさけましょう。
切り売りされているものは、種がしっかりつまっていて肉厚で色が鮮やかなものを選びましょう。

●かぼちゃの仲間たち
かぼちゃは、「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の3種類に分けられますが、一般的に出回っているのは、ほくほくして甘みの強い西洋かぼちゃです。
大きくは粘質な果肉が特徴の東洋種。ほくほくした食感の西洋種ともいわれます。

[ 日本かぼちゃ ] 甘みが少なく、柔らかく水っぽい肉質が特徴です。煮物に利用するのが最適です。
[ 栗かぼちゃ ] 西洋かぼちゃの一種。甘みが強くほくほくしていて詰め物料理に使うのに向いています。
[ そうめんかぼちゃ ] ペポかぼちゃの一種。輪切りにしてゆでると果肉が糸状にほぐれるのが特徴であえ物に向いています。





他の夏野菜の選び方を見る


レタスの選び方 トマトの選び方 きゅうりの選び方 ピーマンの選び方 なすの選び方 ゴーヤーの選び方 とうもろこしの選び方 ズッキーニの選び方



関連するコンテンツを見る


春野菜の選び方 夏野菜の選び方 秋野菜の選び方 冬野菜の選び方 オールシーズン野菜の選び方 「食物繊維」を含む野菜たち。 「ビタミンB1を含む野菜たち。」