トップへ
トップ > 野菜を保存する > <調理・加工して保存する>加熱(蒸し・ゆで)後保存

調理・加工して保存する 加熱(蒸し・ゆで)後保存
加熱してから保存
加熱してから保存
傷みやすい葉ものや鮮度が落ちやすい野菜、さらには大きくて保存に場所をとる野菜は加熱してから保存することをおすすめします。加熱してからの保存は調理時間の短縮にもなりますし、新鮮なおいしさを保つ上でも有効です。
葉物はそのまま、大根などの大きい野菜は適当な大きさに切ってから蒸したり、ゆでることをおすすめします。
そら豆はさやからとりだし、筋のあるスナップエンドウやさやえんどうなどは筋をとってからさっと塩ゆでしておきましょう。
いずれもしっかりと粗熱と水気をとってから冷蔵庫で保存しましょう。

●加熱(蒸し・ゆで)後保存する野菜
【 春野菜 】キャベツ、スナップエンドウ、たけのこ、そら豆、さやえんどう
【 夏野菜 】とうもろこし
【 秋野菜 】にんじん、じゃがいも
【 冬野菜 】白菜、大根、ブロッコリー、ほうれん草、菜の花、小松菜


関連するコンテンツを見る

春野菜の保存方法 夏野菜の保存方法 秋野菜の保存方法 冬野菜の保存方法 オールシーズン野菜の保存方法 野菜にとって最適な保存環境とは 冷蔵庫に入れない野菜 新聞紙・野菜の外葉 ラップ・ポリ袋で密封 芯をくりぬく 吊るす 根と葉を切り離してから保存する 生のまま天日干し 生のまま冷凍 加熱後、使いやすい形で保存