トップへ
トップ > 野菜を保存する > <調理・加工して保存する>生のまま天日干し

調理・加工して保存する 生のまま天日干し
天日干し
天日干し
野菜は天日で干すると、かさが減り、水分が減って味が凝縮されます。その結果、その野菜は甘みが増すという効果がありますので1つの野菜の楽しみ方としておすすめの保存方法です。

薄切りにしてざるに並べて、天気のよい日に日向で5〜6時間。夕方にとりこみ、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します。 煮物、炒め物、揚げ物など生の野菜と同じように使えますのでぜひお試しください。

●天日干しする野菜
【 春野菜 】キャベツ、アスパラガス、セロリ、スナップエンドウ
【 夏野菜 】レタス、トマト、きゅうり、ピーマン、かぼちゃ、なす、ゴーヤー
【 秋野菜 】にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、ぶなしめじ、まいたけ、ごぼう、さつまいも、里いも
【 冬野菜 】長ねぎ、白菜、大根
【 オールシーズン野菜 】もやし


関連するコンテンツを見る

春野菜の保存方法 夏野菜の保存方法 秋野菜の保存方法 冬野菜の保存方法 オールシーズン野菜の保存方法 野菜にとって最適な保存環境とは 冷蔵庫に入れない野菜 新聞紙・野菜の外葉 ラップ・ポリ袋で密封 芯をくりぬく 吊るす 根と葉を切り離してから保存する 生のまま冷凍 加熱(蒸し・ゆで)後保存 加熱後、使いやすい形で保存