トップへ
トップ > 野菜を保存する > <野菜保存のテクニック>吊るす

野菜保存のテクニック 吊るす
吊るして保存
吊るして保存
玉ねぎやにんにくのように野菜によっては、収穫後乾燥させてから出荷されているものがあります。これらの種類の野菜はいずれも湿気が苦手ですので「保存=乾燥を保つ」という考え方をするとよいでしょう。
かごや網の袋、あるいはストッキングなどに入れて直射日光のあたらない風通しのよい場所に吊るし、通気性を保ちながら保存することをおすすめします。

●吊るして保存する野菜
【 夏野菜 】にんにく
【 秋野菜 】玉ねぎ


関連するコンテンツを見る

春野菜の保存方法 夏野菜の保存方法 秋野菜の保存方法 冬野菜の保存方法 オールシーズン野菜の保存方法 野菜にとって最適な保存環境とは 冷蔵庫に入れない野菜 新聞紙・野菜の外葉 ラップ・ポリ袋で密封 芯をくりぬく 根と葉を切り離してから保存する 生のまま天日干し 生のまま冷凍 加熱(蒸し・ゆで)後保存 加熱後、使いやすい形で保存