トップへ
トップ > 野菜を保存する > <野菜保存のテクニック>ラップ・ポリ袋で密封

野菜保存のテクニック ラップ・ポリ袋で密封
ラップで保存
ポリ袋で保存
野菜は切ったらポリ袋に入れて保存するのが基本です。野菜にとって切った部分はいわば傷。傷口からはエチレン(老化植物ホルモン)が発生しやすくなるので、必ずラップで密閉してから保存しましょう。

また、乾燥が苦手な野菜は切っていなかったとしてもラップとポリ袋で保存することがベストです。ひと手間かかりますが長期で保存するときなどはぜひこのテクニックを活用してみてください。

●乾燥が苦手な野菜
【 春野菜 】セロリ、スナップエンドウ、さやえんどう
【 夏野菜 】トマト、きゅうり、ピーマン、ゴーヤー、とうもろこし
【 秋野菜 】ぶなしめじ、まいたけ
【 冬野菜 】ブロッコリー


関連するコンテンツを見る

春野菜の保存方法 夏野菜の保存方法 秋野菜の保存方法 冬野菜の保存方法 オールシーズン野菜の保存方法 野菜にとって最適な保存環境とは 冷蔵庫に入れない野菜 新聞紙・野菜の外葉 芯をくりぬく 吊るす 根と葉を切り離してから保存する 生のまま天日干し 生のまま冷凍 加熱(蒸し・ゆで)後保存 加熱後、使いやすい形で保存