トップへ
トップ > 野菜を保存する > 秋野菜の保存方法 > にんじんの保存方法

にんじんの保存方法

にんじん
にんじん
にんじんは、湿気に弱いので冷蔵庫に丸のまま保存する際には新聞紙などで包みましょう。新聞紙はにんじん自体の乾燥も防いでくれます。冬など寒い季節は新聞紙にくるんだり、箱のまま冷暗所においておいても大丈夫です。葉付きの物は、葉の部分を根もとから切り落とし、葉の部分と根の部分を別々に保存しましょう。
エチレンガスを発するりんごやじゃがいもと一緒に保存すると苦みが出やすくなるので避けましょう。
切った物は切り口から傷み始めるので、ぴったりとラップで包んで冷蔵庫に入れておき、3日-4日位で使い切るようにしましょう。
にんじんは冷凍保存ができますが、丸のまま冷凍してしまうと使う時とても不便なので、調理しやすい形に切ってから冷凍しましょう。スライスや細い棒状に切って保存袋などに入れて冷凍しておきましょう。





他の秋野菜の保存方法を見る


じゃがいもの保存方法 玉ねぎの保存方法 ぶなしめじの保存方法 まいたけの保存方法 ごぼうの保存方法 さつまいもの保存方法 里いもの保存方法



関連するコンテンツを見る


秋野菜の保存方法 春野菜の保存方法 夏野菜の保存方法 冬野菜の保存方法 オールシーズン野菜の保存方法 そもそも保存って? 野菜にとって最適な保存環境とは 冷蔵庫に入れない野菜 新聞紙・野菜の外葉 ラップ・ポリ袋で密封 芯をくりぬく 吊るす 根と葉を切り離してから保存する 生のまま天日干し 生のまま冷凍 加熱(蒸し・ゆで)後保存 加熱後、使いやすい形で保存