トップへ
トップ > 野菜を保存する > 秋野菜の保存方法 > 玉ねぎの保存方法

玉ねぎの保存方法

玉ねぎ
玉ねぎ
黄玉ねぎは、湿度が高いと腐敗が早く進みますので、冷蔵庫ではなく、風通しのよい冷暗所で保存しましょう。ただし、新玉ねぎは、水分が多く、痛みやすいので袋に入れ野菜庫に入れるか、風通しの良い涼しいところにおいておきましょう。また、切って使いかけの物は切り口が乾燥しないようにラップして冷蔵するようにしましょう。
また、生のまま冷凍保存しますと解凍した際に離水しやすいので、調理の用途に応じてみじん切りやスライスしてから冷凍しておいても良いでしょう。飴色になるまで炒めた玉ねぎを、使う分ずつ小分けしてラップなどで空気に触れないよう包み冷凍しておくと、劣化もしにくいので、カレーやシチュー、オニオンスープなどすぐに使えて便利です。





他の秋野菜の保存方法を見る


にんじんの保存方法 じゃがいもの保存方法 ぶなしめじの保存方法 まいたけの保存方法 ごぼうの保存方法 さつまいもの保存方法 里いもの保存方法



関連するコンテンツを見る


秋野菜の保存方法 春野菜の保存方法 夏野菜の保存方法 冬野菜の保存方法 オールシーズン野菜の保存方法 そもそも保存って? 野菜にとって最適な保存環境とは 冷蔵庫に入れない野菜 新聞紙・野菜の外葉 ラップ・ポリ袋で密封 芯をくりぬく 吊るす 根と葉を切り離してから保存する 生のまま天日干し 生のまま冷凍 加熱(蒸し・ゆで)後保存 加熱後、使いやすい形で保存