トップへ
トップ > 野菜を保存する > 夏野菜の保存方法 > なすの保存方法

なすの保存方法

なす
なす
なすは水分が蒸発しやすく、特に、風に当たると早くしなびてしまいます。保存するときは、水分が逃げないように1個ずつラップに包んで冷蔵庫の野菜室に入れましょう。保存温度が5℃以下になると身が縮んでしまうので、冷しすぎに注意。購入してから3-4日で食べてしまうのがベストです。
長く保存する場合は、煮物や炒め物など、調理をしてから密閉容器に入れ、冷凍保存します。ただし、生のまま焼いたものは冷凍保存には向きません。





他の夏野菜の保存方法を見る


レタスの保存方法 トマトの保存方法 きゅうりの保存方法 ピーマンの保存方法 かぼちゃの保存方法 ゴーヤーの保存方法 とうもろこしの保存方法 ズッキーニの保存方法



関連するコンテンツを見る


夏野菜の保存方法 春野菜の保存方法 秋野菜の保存方法 冬野菜の保存方法 オールシーズン野菜の保存方法 野菜にとって最適な保存環境とは 冷蔵庫に入れない野菜 新聞紙・野菜の外葉 ラップ・ポリ袋で密封 芯をくりぬく 吊るす 根と葉を切り離してから保存する 生のまま天日干し 生のまま冷凍 加熱(蒸し・ゆで)後保存 加熱後、使いやすい形で保存