トップへ
トップ > 野菜を保存する > 冬野菜の保存方法 > 大根の保存方法

大根の保存方法

大根
大根
葉がついている場合は、葉が根の養分を吸い上げてしまうので、切り落として別々に保存しましょう。水分たっぷりの大根は乾燥させないことが大切なので、切り口はラップや湿らせた新聞紙などでくるみ、冷蔵庫の野菜室へ。 葉は、新鮮なうちにかたゆでし、水気をしぼってからラップに包んで冷凍しておくと、青みが欲しいときなどに便利です。生のまますりおろして冷凍して保存することもできます。





他の冬野菜の保存方法を見る


長ねぎの保存方法 白菜の保存方法 ブロッコリーの保存方法 ほうれん草の保存方法 水菜の保存方法 菜の花の保存方法 小松菜の保存方法



関連するコンテンツを見る


冬野菜の保存方法 春野菜の保存方法 夏野菜の保存方法 秋野菜の保存方法 オールシーズン野菜の保存方法 そもそも保存って? 野菜にとって最適な保存環境とは 冷蔵庫に入れない野菜 新聞紙・野菜の外葉 ラップ・ポリ袋で密封 芯をくりぬく 吊るす 根と葉を切り離してから保存する 生のまま天日干し 生のまま冷凍 加熱(蒸し・ゆで)後保存 加熱後、使いやすい形で保存