トップへ
トップ > 時間栄養学

野菜から、食べる。時間栄養学
「時間栄養学」とは、「なにを、どれだけ」に加えて
「いつ食べるか」を考慮した
新しい栄養学。
この「時間栄養学」にもとづきながら、

より健康になるための食事のポイントを
ご紹介いたします。
監修:女子栄養大学
 副学長 香川靖雄先生
POINT1 食べる順序・速度篇 POINT 1 野菜を炭水化物より先に食べる 2 血糖値が急速に上がらない 3 インスリンの分泌が抑えられる 4 血糖が脂肪に変わりにくい ・食事は一口30回かむなど、ゆっくり食べる >詳しくはこちら
POINT2 食べる時刻篇 POINT ・すべての食事を12時間以内にとる ・朝:昼:夜の食事は3:3:4 >詳しくはこちら
POINT3 人と生体リズム篇 POINT ・人の生体リズムは約25時間、 1日1時間ずれる >詳しくはこちら