食べもの博士の「調べてみれば?」

小学校で給食を題材に学習が始まり、食材はどこから来るのか、食べ残しはどうなるのかなど、それぞれの課題をグループに分かれて調べていくという内容です。健康、環境、食文化と幅広い視点で、今一度、児童が「食」に対して興味を持ち考えるきっかけになるビデオです。

● 時間:17分
● 対象:小学校高学年向け

主な内容

- チャプター1:食材はどこから

・魚屋←魚市場でのセリ←漁港での水揚げ←夜の漁
・八百屋←青果市場でのセリ←トラックでの輸送←野菜の収穫
・水耕栽培による野菜工場
・スーパーの加工食品群←マヨネーズ工場

- チャプター2:伝統的な食べ物

"おやき"を作るおばあちゃんたち

- チャプター3:どれが輸入品

日本食の代表ともいえる“てんぷらそば”の材料を調べると、そば粉は中国、エビはタイ、ころもの小麦粉、油や醤油の原料である大豆はアメリカでした。

- チャプター4:食べ残しはどうなる

ごみ処理機で肥料にしているところもありますが、多くが清掃工場で燃やされています。
環境問題のひとつに、毎日大量に出されるごみの問題があるのです。

無料教材ソフト紹介ページ/食べもの博士の「調べてみれば?」
http://www.teachers-net.com/soft_3.html

閉じる