グローバルナビゲーション


本文

企業・IR・採用

沿革

創始者の中島董一郎は、1907年に水産講習所(現東京海洋大学)を卒業。
当時の農商務省による海外実業練習生として欧米に渡り、旅先で出会った“オレンジママレード”、そしてポテトサラダに使われている“マヨネーズ”のおいしさと栄養価の高さに魅了されて帰国。この経験がキユーピーの歴史につながっています。

  • 1910

    1919年(大正8年)

    食品工業(株)設立
    新商品の開発、生産のためにつくられた現在のキユーピー(株)の前身

  • 1920

    1925日本で初めてマヨネーズを製造・販売キユーピー マヨネーズ 発売時のラベル製造元はキユーピー(株)の前身である「食品工業(株)」の英訳です キユーピー マヨネーズ発売当時の広告1925年(大正14年)「缶詰時報」に掲載。この後、当時の著名な画家に依頼したポスターなどもつくられました。

    1923年(大正12年)

    関東大震災
    震災の救済のため、缶詰の配給に従事

    1925年(大正14年)

    キユーピー マヨネーズ発売
    日本初のマヨネーズ誕生

  • 1930

    1932アヲハタママレード

    1932年(昭和7年)

    アヲハタママレード、イチゴジャムの発売

  • 1940

    1941年(昭和16年)

    マヨネーズの出荷量が10万函近くに

    1943年(昭和18年)

    原料の入手が困難となり、マヨネーズの生産を中止することに

    1945年(昭和20年)

    空襲により中野の工場が焼失

    1948年(昭和23年)

    マヨネーズの生産・販売を再開

  • 1950

    1950アヲハタスイートコーン 1958ポリボトル容器で販売されたキユーピー マヨネーズ 日本初のドレッシング キユーピーフレンチドレッシング(赤)
    1959キユーピー ミートソース(日本初)、1960キユーピー ベビーフード

    1950年(昭和25年)

    マヨネーズの値下げを行う
    この後、合理化のたびに値下げを実施

    1951年(昭和26年)

    年間売り上げが、初めて1億円を突破

    1957年(昭和32年)

    社名をキユーピー株式会社に変更

  • 1960

    1965日本初のしょうゆ味のドレッシング キユーピーオリエンタル ドレッシング

    1961年(昭和36年)

    工場見学(オープンキッチン)スタート

  • 1970

    1970低糖度ジャムのはじまりアヲハタ55 オレンジママレード、1978しょうゆ系ドレッシングの人気が拡大 キユーピー 和風、中華ドレッシング

     

  • 1980

    1989キユーピー ノンオイルドレッシング

    1981年(昭和56年)

    タイ国内でマヨネーズの製造・販売を開始
    キユーピー初の海外進出

    1982年(昭和57年)

    ファインケミカル分野へ進出

  • 1990

    1991キユーピーハーフ

     

  • 2000

    2002キユーピーゼロ ノンコレステロール、1999キユーピー やさしい献立 前年、日本初の家庭用介護食を発売

    中国・東南アジアの拠点増設など活発な海外展開

  • 2013

    2000キユーピー 深煎りごまドレッシング、2005キユーピーディフェ

    東京都調布市にグループ研究開発オフィス複合施設「仙川キユーポート」を開設

  • 2015

    東京都府中市にグループ研修センター「みらいたまご」を開設

  • 2016

    東京都渋谷区に本社機能・営業部門を置く渋谷オフィスを開設

  •  

    そして、新しい挑戦の日々へ


ローカルナビゲーション

バナー情報
ページトップへ

サイト情報