グローバルナビゲーション


本文

企業・IR・採用

キユーピーアヲハタニュース

2009/3/3 No.20

★新工場

<カット野菜と小袋調味料の生産能力増強>

潟Tラダクラブと潟Pイパックの新工場竣工

(茨城県猿島郡五霞町)
2009年3月から稼動開始
 株式会社サラダクラブと株式会社ケイパックは、茨城県猿島郡五霞町に新工場を設立し、このたび竣工を迎えました。同一建屋内に2社の工場〔サラダクラブ五霞工場、ケイパック工場の増設部分(現在の工場と通路で連結)〕が配置されており、本年3月から稼動する予定です。
 カット野菜は新鮮な野菜が使いやすい状態で必要な分だけ入手できることから、近年、需要が増加しています。カット野菜を製造、販売する株式会社サラダクラブは、需要の増加に対応するため、既存の同社五霞工場に替わる新工場を設立しました。新工場には順次生産設備を導入し、従来の五霞工場の生産能力7〜8万パック/日を、将来的に約13万パック/日にしていく予定です。
 また、カット野菜やお弁当に添付するマヨネーズやドレッシングなど、調味料小袋製品の需要も高まっています。小袋製品を製造、販売する株式会社ケイパックは、生産能力増強のため、既存の同社工場と通路で連結した新工場を増設しました。従来の生産能力約8,000トン/年を、将来的に約9,200トン/年にしていく予定です。
 違うカテゴリーの製品を製造する 2社の新工場が同一建屋内にありますが、動線は完全に区別され、両社の社員が交差することがないように工夫されています。
新棟の外観
新棟の外観

新工場の概要は以下の通りです。
稼動予定2009年(平成21年)3月
名  称サラダクラブ五霞工場、ケイパック工場(増設)
住  所茨城県猿島郡五霞町大字元栗橋351
総敷地面積約27,349㎡(8,273坪)
建物面積約3,891㎡(1,177坪)
総床面積約7,622㎡(2,305坪)
(占有部分:サラダクラブ 約3,800㎡、ケイパック約2,500㎡)
建設費約17億円
生産品目サラダクラブ:カット野菜、ケイパック:調味料小袋製品

【株式会社サラダクラブ】
 資本金3億円(キユーピー株式会社51%、三菱商事株式会社49%出資)
設立1999年2月24日
本社東京都府中市住吉町5-13-1
代表者代表取締役社長 宮 徳美
事業内容カット野菜を製造、販売しています。旬の野菜、市場では希少な野菜などを取り入れた豊富な品揃えがご好評をいただき、現時点でのサラダクラブ商品の取り扱い店舗は、約10,000店になっています。製造工場は直営工場5ヵ所、協力工場4ヵ所の計9工場で、全国への商品供給体制を整えています。2008年度の売り上げは約99億円で、年々伸長しています。
株式会社サラダクラブのホームページはこちら

【株式会社ケイパック】
 資本金3,000万円(キユーピー株式会社100%出資)
設立2001年7月17日
本社茨城県猿島郡五霞町大字元栗橋351
代表者代表取締役社長 荒井 英夫
事業内容主に個食用に用いる調味料の小袋製品を製造、販売しています。賞味期限表示が見やすく、消えにくいレーザー式印字装置を導入したり、三角錐の形をした立体的な容器「シェイクパック※」を開発するなど、小袋製品ならではの新たな工夫を重ねています。2008年度の売り上げは約38億円です。
※詳細はキユーピーアヲハタニュースリリース2006年No.56をご参照ください
株式会社ケイパックのホームページはこちら

ローカルナビゲーション

バナー情報
ページトップへ

サイト情報