グローバルナビゲーション

本文
企業・IR・採用・CSR
キユーピーアヲハタニュース

2018/02/08   No.18

★新商品

フルーツ本来の香りとおいしさを向上

「アヲハタ カロリーハーフ」シリーズから 全3品をリニューアル

2月16日(金)から全国に出荷

アヲハタ カロリーハーフ

アヲハタ(本社:広島県竹原市、代表取締役社長:野澤栄一)は、ジャムのカロリーを気にする人に向けた「アヲハタ カロリーハーフ」シリーズをリニューアルします。

「アヲハタ カロリーハーフ」シリーズは一般的な低糖度ジャムに比べてカロリーを半分にしたジャムです。2011年2月に「カロリー50%カット」シリーズを発売し、2013年8月に「カロリーハーフ」シリーズとして「カロリー半分」という商品コンセプトは受け継ぎつつ、シリーズを刷新しました。

今回、フルーツを大切に優しく加工する技術「ファインフルーティー製法」を採用し、フルーツ本来の香りとおいしさを向上させ、ジャム市場シェア1位の「アヲハタ 55ジャム」により近いおいしさを実現することができました。併せて、ラベルデザインも商品のコンセプトである「カロリー半分」がしっかりと伝わるデザインに一新しました。また、当シリーズの容量を「アヲハタ 55ジャム」に合わせ、170gから150gへ変更します。

〜ファインフルーティー製法 3つの技術〜

① 総加熱量低減技術

製造中の加熱を抑えてフルーツへのダメージを低減します。フレッシュな果実感と鮮やかな色合いを実現し、香りの飛散と成分の変化を抑えます。

② 香り戻し技術

製造工程中で蒸発するフルーツの「さわやか・フルーティー」な香りをジャムの中に戻します。生の果実に近いフルーツ本来の香りに近づけます。

③ 酸素濃度低減技術

充填時にジャムとふたとの隙間に残る酸素を窒素で置換します。容器中の酸素を極力減らして風味の劣化を抑え、鮮やかな色合いとフルーツ本来の香りを長持ちさせます。

ターゲットとなる「ジャムが好きだけれどカロリーが気になる」という人にも、気軽にジャムのおいしさを楽しめるシリーズとして、朝食や昼食のパン食はもちろん、ヨーグルトに混ぜて食べるなど、さまざまな食べ方を提案していきます。

商品の概要は以下の通りです。

商品名・内容量・価格・賞味期間:

ブランド 商品名 内容量 参考小売価格 賞味期間
アヲハタ カロリーハーフ イチゴ 150g 税抜:234円
税込:253円
12ヵ月
カロリーハーフ オレンジママレード
カロリーハーフ ブルーベリー

出荷日:

2018年2月16日(金)から全国に出荷

商品特徴:

カロリーを、食品成分表2015「いちごジャム(低糖度)」、「オレンジマーマレード(低糖度)」との比較で半分にしました。(ブルーベリージャムは「低糖度」の分類なし)
シリーズ全3品、糖度42度、大さじ約1杯(20g)あたり15kcalです。

  • イチゴ

    いちごの香りと甘酸っぱさをいかし、すっきりと仕上げました。

  • オレンジママレード

    かんきつの酸味とほろ苦さをいかし、さわやかに仕上げました。

  • ブルーベリー

    ブルーベリーのコクをいかし、甘酸っぱく仕上げました。

【アヲハタ カロリーハーフ全3品】

アヲハタ カロリーハーフ全3品


ローカルナビゲーション

バナー情報
ページトップへ

サイト情報