キユーピー ハーフ
「セロリと壁」篇

CMタイトル
「セロリと壁」篇
出演者
福山 雅治
ナレーター
福山 雅治
使用曲
オリジナル(ミスターミュージック)
作詞
CiEN
作曲
EAGER LUSH
CiEN
演奏
EAGER LUSH

このCMの歌詞はこちら

CMコピー

♪~

(ナレーション)
メノルカ島がマヨネーズの発祥の地だっていう話。
ホントなのかな。
おいしく、カジュアルに。カロリー2分の1。キユーピーハーフ。

撮影秘話・エピソード

強い日差しの下、カジュアルな雰囲気の福山さんがいます。
セロリに「キユーピー ハーフ」をたっぷりつけて、一口かじると、想いはマヨネーズの発祥の地へ。
「メノルカ島がマヨネーズの発祥の地だっていう話。ホントなのかな。」
メノルカ島ってどんな場所だろう。きっとこんな場所なのかな。
いまだ知らない、遠く離れた異国の島の情景を思い描きながら、
「キユーピー ハーフ」で旬の新鮮な野菜を堪能します。

何にでもよく合い、マヨネーズに比べてカロリー半分(当社比)なので、
気軽にマヨネーズのおいしさを楽しめる。
そんな「キユーピー ハーフ」の魅力を、前作に引き続き今回も福山さんの
カジュアルな生活シーンの中でお伝えします。

今回のCMは、連日雨が続く3月上旬、都内のスタジオで撮影されました。
白い大きな壁にタイルが敷かれたシンプルなセットに、上下黒の衣装でカジュアルですが引き締まった印象の福山さんが現れました。
本番では、福山さんがセロリをかじる「シャキッ」という音がスタジオ内に響きます。撮影スタッフからの「味はいかがですか?」という問いかけに、「抜群に美味しいですね。これは皆さんも食べた方がいい。」と逆に薦める場面もありました。「『キユーピー ハーフ』はどんな時にお使いになりますか?」という問いには、「忙しい毎日で外での食事が多くなってしまいますが、仕事で移動の際にも『キユーピー ハーフ』を持ち歩いていて、味がもの足りないときに使っています。」という嬉しい話も聞かせていただきました。
午後のグラフィック撮影では、撮影用に準備されたセロリの山を見て、「今日はセロリ祭りだ!」と福山さんらしいユーモアが飛び出します。
撮影も快調に終わり、野菜のもとに立ち寄って「これ、かわいいですね」と言っては持ち帰り用の袋に野菜を詰める福山さんの姿は、さながら朝市で買い物をされているような様子でした。


その他のCM


CM・テレビ・エンタメ