フルーツのはなし

フルーツにまつわる豆知識をご紹介!知りたいフルーツを選択してください。

リンゴ

科・属名:
バラ科リンゴ属
原産地:
ヨーロッパ、西アジア
日本へは明治時代初期にヨーロッパから伝わりました。
旬:
10月~12月

リンゴの旬は10月~12月。カリウムと食物繊維のペクチン、果糖とブドウ糖を多く含んでいます。皮をむいたら、変色をさけるために塩水にしばらくつけましょう。

選び方のポイント

食べ方あれこれ

すりおろして
からだを冷やさないリンゴ。朝食やスポーツの前などに最適です。
すりおろせば消化によく、楽に食べられます。
加熱して
加熱しても優れた味わいが楽しめます。カレーに加えると、フルーティな隠し味に。
酸味のある紅玉はアップルパイに適しています。
冷やして
二日酔いの日は、はちみつと合わせてバーモントドリンクに。

フルーツのはなし

「運動前にはリンゴを食べよう」

果物の糖分、ブドウ糖、果糖、ショ糖にはそれぞれ働きがあります。
果糖は脂肪をエネルギーに変換する作用があります。
果糖を主成分とするリンゴは、運動の際に必要なスタミナ補給源となります。

Q&A

切るとどうして茶色くなってしまうの?

リンゴはしぶ味成分であるポリフェノール類を酸化させる酵素(ポリフェノールオキシターゼ)を含むので、果肉を切ったままおいておくと茶色くなってしまうのです。

リンゴの意外な利用法

硬いキウイをリンゴと一緒にポリ袋に入れておくと、キウイが早く熟れます。