乳酸発酵卵白とは?

乳酸発酵卵白とは、卵白を乳酸菌で発酵させた、キユーピー独自の健康素材です。
卵白には優れた栄養価値があり、脂質もコレステロールもほとんど含みませんが、特有の臭いや食感からそのままでは摂取しにくいという欠点がありました。長年にわたり卵を研究してきたキユーピーは、独自の製法で乳酸発酵卵白を開発。乳酸発酵の爽やかな風味で、卵白をおいしく手軽に摂れるようになりました。

乳酸発酵卵白の研究成果

1

内臓脂肪が減る

乳酸発酵卵白を12週間摂取すると、内臓脂肪面積が減少することが確認されました。

腹部内臓脂肪面積の変化

被験者: へそ周囲内臓脂肪面積100㎝2以上の40歳以上の男女37名。
乳酸発酵卵白群:19名 対照群(ミルクホエイ):18名
方法: たんぱく質が1日あたり8gになるように調製した乳酸発酵卵白飲料またはミルクホエイ含有飲料を12週間毎日摂取。12週間目のへそ周囲内臓脂肪面積を測定。(第15回日本抗加齢医学会総会で発表)
2

血中コレステロールが減る

乳酸発酵卵白(たんぱく質として8g)を8週間摂取すると、血中LDLコレステロールと総コレステロールが減少することが確認されました。

血中コレステロールの変化

被験者: 血中LDLコレステロール濃度が148±1.5mg/dL、総コレステロール濃度が229±1.6mg/dLの成人男性88名。
方法: 被験者を3群に分け、乳酸発酵卵白(卵白たんぱく質として4g、6g、8g)をそれぞれ8週間毎日摂取。摂取前、4週間後、8週間後に採血を行い、血中のLDLコレステロール及び総コレステロール濃度を測定。(日本農芸化学会2011年度大会で発表)
3

筋肉量が増える

運動をしながら、乳酸発酵卵白を8週間摂取すると、55歳以上の女性で、筋肉量が増加することが確認されました。

四肢骨格筋肉量の変化

被験者: 運動習慣のない50歳以上の閉経後女性15名(55歳以上9名、平均年齢58.4歳)
方法: たんぱく質が1日あたり8gになるように調製した乳酸発酵卵白飲料または対照飲料(水)を8週間毎日摂取。両群とも期間中週2回30分程度の筋力トレーニングを実施。8週間後の体組成(InBody730)を測定。(第70回日本体力医学会大会で発表)

乳酸発酵卵白は、
キユーピー独自の健康素材です。

卵白の特長卵白の特長

脂肪・コレステロールをほとんど含まない

アミノ酸スコアは100

卵白たんぱく質には、体内では合成することのできない必須アミノ酸すべてが、バランスよく含まれています。

体内利用率はNo.1

体内利用率(正味たんぱく質利用率)は、消化・吸収されて利用される割合を表したものです。良質のたんぱく質として知られている乳清(ホエイ)や大豆と比べても、卵白たんぱく質はNo.1です。

体内利用率はNo.1

  • ※1 Matsuoka et al. The Scientific World Journal (2017)
  • ※2.山内文男ら編:シリーズ<食品の科学>大豆の科学、朝倉書店(1992)

含硫アミノ酸が豊富

髪・爪・肌に多く含まれるアミノ酸です。卵白たんぱく質には、含硫アミノ酸がとても豊富に含まれています。

たんぱく質1g当たりの含硫アミノ酸量(mg)

  • ※日本食品標準成分表2015年版(七訂)による

PAGETOP