メールマガジン
検索
検索
メニュー

トップ > とっておきレシピ > 旬野菜レシピ > ごぼう

トップへ

検索を開く

旬野菜レシピ 秋の野菜

ごぼうには不足しがちな食物繊維がたっぷり! ごぼう

ごぼうの話
日本ではいろいろな料理においておなじみのごぼうですが、実はごぼうを食用としているのは日本や韓国など、ごく一部なのだそう。
中国では食用ではなく、主に漢方薬として使われているようです。ごぼうはアクが強く、空気に触れると変色してしまうので、切ったらすぐに水にさらすのがポイント。
ただし、長くさらすと風味や栄養を逃がすので注意しましょう。
水にさらすときに酢を少量加えると、白くきれいに仕上がります。

栄養の話
ごぼうは、食物繊維の量に注目。
100g中5.7gは、野菜の中でも群をぬいて多く、食物繊維が不足しがちな現代人にはうれしい野菜です。
皮にもたっぷり含まれているので、むかずにたわしでこすり洗いしたり、包丁の背でこそげとるのがおすすめ。
また、ごぼうに多く含まれる食物繊維(リグニン)は切り口が大きいほどよりたくさん採れるので、ささがきが最適です。
野菜に含まれる食物繊維はその多くが不溶性ですが、ごぼうの場合は不溶性と水溶性の食物繊維をともに多く含んでいます。
栄養成分の働きはこちらから
選び方
ごぼうは、乾燥しやすいので、新鮮さや風味を保ちたいなら泥付きを選びたいもの。太さが均等でひげ根の少ないものがおすすめです。洗ってある場合は、表面のきめが細かくひび割れていないものを選びましょう。柔らかくぐにゃぐにゃと曲がるものは避けてください。

保存
ごぼうは、鮮度や香りが落ちやすいのでなるべく使う分だけを買うようにするのがポイントです。泥付きの場合は、そのまま新聞紙に包んで風通しのよい涼しいところで保存してください。
洗ってあるごぼうはポリ袋などに密封して、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

とっておきレシピトップ

ピックアップレシピ
  • 野菜の日特集
  • 人気レシピランキング
  • 旬野菜レシピ ゴーヤー編
  • カレー&サラダ特集
  • 今週のおすすめレシピ
  • 商品徹底活用法 キユーピー マスタード
  • たっぷりたのしもう!黒の食材特集
  • キユーピーハーフレシピ キユーピーハーフで楽しむ。スプーンで食べる チョップドサラダ
  • キユーピー マヨネーズキッチン
  • おかずサラダ 夏
  • あえサラダ 夏
  • 旬の魚介レシピ えびをたのしむレシピ
  • キユーピー ポテトサラダ教室
おすすめピックアップ
  • 行事イベントのレシピ一覧
  • 旬野菜レシピ
  • 商品徹底活用法一覧
  • キユーピーハーフレシピ一覧
  • お役立ちレシピ
  • サラダの基本レシピ
  • サラダレシピ
  • お肉を楽しむレシピ
  • 旬の魚介レシピ

最近見たレシピ

ページトップへ
サイト情報