メールマガジン
検索
検索
メニュー

トップ > とっておきレシピ > 旬野菜レシピ > 小松菜

トップへ

検索を開く

旬野菜レシピ 冬の野菜

群を抜く栄養の高さ小松菜

小松菜の話
江戸時代中期以降に東京都江戸川区の小松川地区で作られていたことから「小松菜」という名前になったといわれています。冬を代表する野菜としても知られていて、関東では正月の雑煮にも使われる季節を告げる野菜でもあります。
栽培期間が短く、いろいろな環境に適応できるため一年を通して流通していますが、冬が旬の野菜でおいしい時期は12〜2月にかけてです。12月に入り寒さや霜にさらされることによって葉肉が厚く柔らかくなり、あくが抜けて甘みが増していきます。

栄養の話
緑黄色野菜の中でも栄養価の高さは群を抜いています。すべてのビタミン、ミネラルを豊富に含むほか、鉄分やカルシウムなどはホウレン草以上。特にカルシウムの量は牛乳並みで栄養面では大変優れた野菜です。
栄養成分の働きはこちらから
選び方
葉の緑色が濃く鮮やかで葉そのものが肉厚でみずみずしくピンと張っているもの、茎が太くしっかりしているものを選びましょう。
葉が大きくそろったものがよいのですが、葉脈が発達しすぎていると歯ざわりが悪いので、できるだけやわらかいものを選びましょう。根がしっかりと長いものは生育のよいものです。

保存
傷みやすく、1〜2日程度で葉がしおれてくるので、できるだけ早め使うことをおすすめします。保存する場合は、湿らせた新聞紙やペーパータオルで包み、立てて冷蔵庫に入れれば2〜3日程度はもちます。 冷凍するなら、水洗いして水分をしっかりふき取り、食べやすい長さに切って保存袋に入れ、空気をしっかり抜いて冷蔵庫へ入れましょう。
解凍は保存袋のまま流水解凍し、加熱調理に使う場合は凍ったまま使用してください。

とっておきレシピトップ

ピックアップレシピ
  • 夏のサラダ麺特集
  • 人気レシピランキング
  • 旬野菜レシピ アスパラガス編
  • ロメインレタス特集
  • 今週のおすすめレシピ
  • 商品徹底活用法 ドレッシング
  • 春・夏の高原野菜特集
  • キユーピーハーフ 「片手で食べるサラダ」を楽しむ。
  • キユーピー マヨネーズキッチン
  • おかずサラダ 夏
  • あえサラダ 夏
  • 旬の魚介レシピ かつおをたのしむレシピ
  • キユーピー ポテトサラダ教室
おすすめピックアップ
  • 行事イベントのレシピ一覧
  • 旬野菜レシピ
  • 商品徹底活用法一覧
  • キユーピーハーフレシピ一覧
  • お役立ちレシピ
  • サラダの基本レシピ
  • サラダレシピ
  • お肉を楽しむレシピ
  • 旬の魚介レシピ

最近見たレシピ

ページトップへ
サイト情報