メールマガジン
検索
検索
メニュー

トップ > とっておきレシピ > 旬の魚介レシピ > かつお

トップへ

検索を開く

旬の魚介レシピ 夏の魚介

かつおの豆知識はこちらかつおを楽しむレシピ

かつおの豆知識
旬は初夏と秋
かつおの旬は初夏と秋の年二回あり、
それぞれ、「初がつお」「戻りがつお」と呼ばれています。
「初がつお」はさっぱりとした味わい。
「戻りがつお」はたっぷりと脂がのっているのが特徴です。
新鮮なものを「たたき」や「刺身」で、好みでにんにく、
生姜、ねぎなど薬味を添えて食べるのがおすすめです。
江戸時代には「勝つ男(かつお)」として縁起ものとされ、
武士にも好んで食されていました。
また、かつおを加工した鰹節は和食にはかかせない食材として、
出汁などさまざまな料理に活用されています。
選ぶポイント
まるまると太っていて、身が締まっているものや、
目が澄んでいて、身が鮮やかな赤色をしているものを
選ぶと良いでしょう。
また、縞模様のコントラストが見た目にくっきりと
見えるものも鮮度が良いとされています。
下ごしらえ
クセの強い生臭みのあるかつおは、調理方法によって
生臭みを抑える方法が工夫されています。
・刺身:にんにくやしそ、おろししょうがなどの薬味を添える
・煮物:しょうがと一緒に煮る
・たたき:表面を軽くあぶる
代表的なレシピ
【和食】刺身、煮物、揚げ物、海鮮丼など
【洋食】カルパッチョなど
【中華】炒めものなど
●土佐(高知県)の名物料理『かつおのたたき』を
 
フライパンで作ってみましょう。

まず、生がつおのさくをフライパンにおさまるように半分に
切っておき、強火で熱したフライパンに、
皮目を下にして10〜15秒ほど焼き、焼き色をつけます。
次に裏返して身のほうも軽く焼いていき、表面が全体的に
白っぽく焼けてきたら、氷水につけ熱をとります。
キッチンペーパーなどで水気を拭き取り、一口大に切り、
お皿に盛りつけて、たっぷりの薬味をのせたら、
ポン酢しょうゆなどでいただきます。
おつまみにも、ごはんにもぴったりな、オススメのレシピです。
もっと見てみよう! その他の魚介レシピ
鯛たこほたてえび鮭たら
旬の魚介レシピトップへ戻る

とっておきレシピトップ

ピックアップレシピ
  • 夏のマヨネーズ炒めメニュー特集
  • 人気レシピランキング
  • 旬野菜レシピ なす編
  • なすレシピ特集
  • 今週のおすすめレシピ
  • 商品徹底活用法 ドレッシング
  • ズッキーニ特集
  • キユーピーハーフ 「片手で食べるサラダ」を楽しむ。
  • キユーピー マヨネーズキッチン
  • おかずサラダ 夏
  • あえサラダ 夏
  • 旬の魚介レシピ たこをたのしむレシピ
  • キユーピー ポテトサラダ教室
おすすめピックアップ
  • 行事イベントのレシピ一覧
  • 旬野菜レシピ
  • 商品徹底活用法一覧
  • キユーピーハーフレシピ一覧
  • お役立ちレシピ
  • サラダの基本レシピ
  • サラダレシピ
  • お肉を楽しむレシピ
  • 旬の魚介レシピ

最近見たレシピ

ページトップへ
サイト情報