サラダチキンとトマトのバジルホットサンド

メール
送信
写真:サラダチキンとトマトのバジルホットサンド

フライパンで作れるホットサンドです。バジルの香りが、熱々のトマトやチーズとよく合います。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 736kcal
  • 食塩相当量 2.8g
  • 野菜摂取量 83g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(1人分)

食パン 2枚(6枚切)
トマト 1/2個 83g
サラダチキン 60g
モッツァレラチーズ 1/2袋 50g
ヴェルデ バジルトーストスプレッド 適量

作り方

1トマトとモッツァレラチーズは厚さ7mmの輪切りにする。
サラダチキンは厚さ5mmのそぎ切りにする。

2食パンの内側片面にトーストスプレッドをぬる。食パン1枚に、モッツァレラチーズ、トマト、サラダチキンの順にのせ、もう1枚の食パンではさむ。

3フライパンを熱し、②を入れて上から皿をかぶせ、手で押しながら焼く。
こんがりと焼き色がついたら、ひっくり返して裏面も同様に焼く。

4③を半分に切り、器に盛りつける。

調理のポイント

トーストスプレッドの使用量は食パン1枚当たり12gが目安です。12gはパッケージの矢印約6本分です。

栄養成分(1人分)

エネルギー 736kcal
たんぱく質 35.5g
脂質 38g
炭水化物 62.7g
食塩相当量 2.8g
野菜摂取量 83g

このレシピに使われている商品

食パンを活用しよう

食パン・食卓パンのレシピ

ヴェルデ バジルトーストスプレッドを使ったレシピ


素材について トマトの基本情報

夏|旬は3〜4月,6〜8月

トマトの話

南米原産のトマトは、日本には江戸時代に観賞用として伝わったのがはじまり。食用として本格的に市場に出回ったのは昭和に入ってからだそうです。生食用の大玉トマトが一般的でしたが、中玉トマト、ミニトマトなども登場。小さめで甘みの強いフルーツトマトなど、さまざまな品種が生まれ、今では食卓に欠かせない野菜になっています。

このレシピが関連するカテゴリー