豆苗と豆腐のガーリック炒め

写真:豆苗と豆腐のガーリック炒め

にんにくと赤とうがらしの風味のオイルソースを使ってかんたんにできる炒め物です。 味つけはオイルソースだけでかんたんに決まります。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 143kcal
  • 食塩相当量 1.5g
  • 野菜摂取量 80g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

豆苗 1パック 120g
赤パプリカ 1/4個 40g
木綿豆腐 1/2丁 180g
キユーピー3分クッキング パスタを手作りオイルソース ガーリック&赤とうがらし 大さじ2

作り方

1木綿豆腐は水きりし、ひと口大にちぎる。

2豆苗は根元を切り落とし、長さ3等分に切る。

3赤パプリカは長さ半分の5mm幅に切る。

4フライパンにオイルソース大さじ1を入れて火にかけ、1を入れて焼き色がつくまで両面焼き、
3を加えて炒める。赤パプリカに火が通ったら、2を加えてさっと炒め、
残りのオイルソースを加えて全体にからめ、味をととのえる。

調理のポイント

豆腐の水きりはクッキングペーパーで包み、耐熱容器にのせレンジ(500W)
で約2分加熱して、冷ましておくとかんたんにできます。
オイルソースの量は、お好みで調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 143kcal
たんぱく質 8.4g
脂質 10g
炭水化物 5.5g
食塩相当量 1.5g
野菜摂取量 80g

豆苗を活用しよう

その他おかずのレシピ

キユーピー3分クッキング パスタを手作りオイルソース ガーリック&赤とうがらしを使ったレシピ


素材について 豆苗の基本情報

旬はオールシーズン

豆苗の話

豆苗(とうみょう)はえんどうが発芽し、本葉が出て、ある程度の大きさになった芽の先端を摘み取って食用にするものです。中国では古くから食材として収穫され、手間がかかることから高値で取引されてきたようです。1970年代に入ると日本でも食べられはじめ、最近では水耕栽培など工場で豆を発芽させた状態の豆苗が年間通して安定生産が可能となり、一般野菜として家庭にも浸透してきました。


豆苗の栄養の話

たんぱく質と炭水化物が比較的多い緑黄色野菜で、β-カロテンやビタミンCなどの抗酸化ビタミンと代謝を促すビタミンB群、さらに骨の形成に有効なビタミンKを豊富に含んでいます。

このレシピが関連するカテゴリー