とろ〜り半熟たまごの焼きそば

写真:とろ〜り半熟たまごの焼きそば

油の代わりにマヨネーズを使うことで、いつもとひと味違うコクのある焼きそばが出来ます。仕上げのマヨネーズの線描きと半熟たまごをのせることで、味全体がよりまろやかになります。

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 636kcal
  • 食塩相当量 7.7g
  • 野菜摂取量 101g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

中華麺(蒸し) 2玉 240g
キャベツ 2枚 120g
ピーマン 1個 34g
玉ねぎ 1/4個 47g
豚ロース肉 80g
焼きそばソース 適量
こしょう 少々
キユーピーのたまご とろ~り半熟たまご 2個 102g
キユーピー マヨネーズ 適量

作り方

1焼きそばに半熟たまごをのせ、マヨネーズで線描きする。

2【焼きそば】キャベツは太めのせん切りにし、ピーマンは細切りにする。
玉ねぎはくし形切りにし、豚ロース肉は食べやすい大きさに切る。

3フライパンにマヨネーズを入れて火にかけ、豚ロース肉を炒めて色が変わったら、
野菜を加えて炒める。 

4野菜がしんなりしてきたら、中華麺と水大さじ1(分量外)を加えて炒め、
焼きそばソースとこしょうで味をととのえる。

調理のポイント

市販の焼きそばを使用してもかんたんに作れます。
キユーピーのたまご とろ〜り半熟たまごはエリア限定商品となります。

栄養成分(1人分)

エネルギー 636kcal
たんぱく質 22.7g
脂質 25.7g
炭水化物 74g
食塩相当量 7.7g
野菜摂取量 101g

キャベツを活用しよう

中華麺(温)のレシピ

キユーピーのたまご とろ~り半熟たまごを使ったレシピ


素材について キャベツの基本情報

春|旬は3〜5月

キャベツの話

煮物、炒め物、蒸し物、生食など、いろいろな食べ方が楽しめるキャベツ。形は全く異なりますが、実はブロッコリーやカリフラワーなどと同じ、アブラナ科の野菜です。通年出回っていますが、春に出回るものは「新キャベツ」「春キャベツ」といわれ、人気。冬のキャベツに比べて結球がふんわりとして、巻きがゆるく、内部まで薄い緑色なのが特徴です。また、葉がやわらかくて甘みがあり、みずみずしいので、サラダなど生食に向いています。春から初夏にかけての時期にしか出回らないので、キャベツたっぷりサラダで自然な甘みを存分に楽しみましょう。


キャベツの栄養の話

キャベツは、ビタミンCや食物繊維が豊富なほか、キャベツ特有のビタミンU(別名キャベジン)も多く含んでいます。熱に弱いので、生食で食べやすい春キャベツでこそ効果的にとることができます。また、ビタミンCやカルシウムは外側の葉と芯の近くの葉に多いので、芯まで残さず使い切りましょう。

このレシピが関連するカテゴリー