スナップえんどうのカルボナーラスパゲッティ

写真:スナップえんどうのカルボナーラスパゲッティ

スナップえんどうと、濃厚なチーズと卵黄のコクのクリーミィなカルボナーラソースがよく合います。半熟たまごをからめて召しあがってください。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 620kcal
  • 食塩相当量 2.1g
  • 野菜摂取量 20g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

作り方

1スナップえんどうは筋を取り、斜め半分に切る。

2スパゲッティは塩を加えた熱湯で袋の表示通りゆでる。
ゆであがる1分30秒前に1を加え、一緒にゆでる。

3器に2を入れ、パスタソースでよく和え、半熟たまごをのせる。

調理のポイント

スパゲッティをゆでる時の塩の量は、1Lにつき約3gが目安です。
スナップえんどうの代わりにグリーンアスパラガスでもおいしく召しあがれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 620kcal
たんぱく質 21.4g
脂質 19.8g
炭水化物 84.1g
食塩相当量 2.1g
野菜摂取量 20g

スナップえんどうを活用しよう

パスタ(温)カルボのレシピ

キユーピー あえるパスタソース カルボナーラ 濃厚チーズ仕立てを使ったレシピ


素材について スナップエンドウの基本情報

春|旬は4〜6月

スナップエンドウの話

さやえんどうのシャキシャキ感とグリンピースの豆の甘みをいっしょに味わえるのがスナップエンドウ。アメリカでつくられた新しい品種で、豆が熟してもさやが固くならずやわらかいので、さやごとそのまま食べることができるのが特徴です。出回るようになったのは、1970年代以降と比較的新しい野菜ですが、その手軽さとおいしさから、サラダや炒め物などに人気です。別名スナップピース、スナックエンドウとも呼ばれています。


スナップエンドウの栄養の話

β-カロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウムなど、栄養のバランスもよい野菜。さやごと食べることで、食物繊維もしっかりとることができます。ビタミンCは、熱に弱いので、加熱はなるべく短く。ゆですぎず、さやのシャキシャキ感を楽しめるようにしましょう。

このレシピが関連するカテゴリー