イースターうさぎごはん ビスク仕立て

写真:イースターうさぎごはん ビスク仕立て

ごはんとゆで卵で作ったうさぎがかわいらしい、イースターにもおすすめのメニューです。 親子でたのしく盛りつけできます。えびの風味が豊かなビスク風ソースがごはんによく合います。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 637kcal
  • 食塩相当量 2.9g
  • 野菜摂取量 9g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ご飯 300g
えび(大) 10尾 260g
ゆで卵 1個 51g
スライスチーズ 1枚 18g
オクラ 2本 18g
のり 適量
サラダ油 大さじ1
適量
ビストロクイック 欧風ライスソース オマール海老のビスク仕立て 1袋 245g

作り方

1えびは殻をむいて背ワタを取る。

2オクラは塩をまぶして板ずりし、水で洗う。ラップをかけ、レンジ(500W)で
約20秒加熱し、水にとって水気をきり、小口切りにする。

3チーズは花型で型抜きする。

4フライパンに油をひいて熱し、1を入れて炒める。

54によく振ったソースを加え、ひと煮立ちさせる。

6【うさぎ】器にごはんを丸く盛りつけ、4等分に切ったゆで卵で作った耳をつける。
のりで作った目と口をつけ、ソースでほっぺをつける。

76に5をかけ、2と3をうさぎのまわりに飾る。

調理のポイント

バターライスにかけてもおいしく召しあがれます。
レンジの加熱時間は、様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 637kcal
たんぱく質 35.8g
脂質 23.5g
炭水化物 65.8g
食塩相当量 2.9g
野菜摂取量 9g

卵を活用しよう

その他米飯のレシピ

ビストロクイック 欧風ライスソース オマール海老のビスク仕立てを使ったレシピ


素材について 卵の基本情報

卵の栄養の話

卵はたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどいろいろな栄養素を含んでいますが、中でも特長的なのが、たんぱく質のアミノ酸バランスのよさです。

人間の体内でつくることができない必須アミノ酸の組成が優れているため、卵のたんぱく質は、もっとも良質で、栄養価の高い食品であるといえます。

このレシピが関連するカテゴリー