サーモンとほうれん草のペンネ ビスク仕立て

写真:サーモンとほうれん草のペンネ ビスク仕立て

えびの風味が豊かなビスク風ソースがペンネによく合います。 濃厚なソースがペンネとサーモンによくからみ、コク深く仕上げました。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 685kcal
  • 食塩相当量 2.3g
  • 野菜摂取量 60g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ペンネ 140g
ほうれん草 1/2束 120g
サーモン 2切れ 200g
少々
こしょう 少々
黒こしょう 少々
サラダ油 大さじ1
ビストロクイック 欧風ライスソース オマール海老のビスク仕立て 1袋 245g

作り方

1ほうれん草は長さ4cmに切る。

2サーモンはひと口大に切り、塩・こしょうをする。

3ペンネは塩を加えた熱湯で袋の表示通りゆで、
残り30秒で1を加え、一緒にゆでる。

4フライパンに油をひいて熱し、2の両面をこんがりと焼き、よく振ったソースと3を加えひと煮立ちする。

5器に4を盛りつけ、ブラックペッパーをふる。

栄養成分(1人分)

エネルギー 685kcal
たんぱく質 32g
脂質 31.9g
炭水化物 62.7g
食塩相当量 2.3g
野菜摂取量 60g

ペンネを活用しよう

パスタ(温)クリーム系のレシピ

ビストロクイック 欧風ライスソース オマール海老のビスク仕立てを使ったレシピ


素材について ほうれん草の基本情報

冬|旬は11〜2月

ほうれん草の話

品種改良や栽培法により、今では一年中出回るほうれん草ですが、もともとの旬は冬。 寒さに強いほうれん草は、冬霜にあたることで甘みもおいしさもアップします。さらに、栄養価もパワーアップするので、冬場に出回る露地物をチェックするのがおすすめです。アクが強いので、加熱してから食べるのが一般的でしたが、最近では生で食べられるように改良された、サラダほうれん草も登場。やわらかく、くせがないので、よりいっそう、食卓に身近な存在となりました。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す