豚肉となすとトマトのベジボウル

写真:豚肉となすとトマトのベジボウル

写真は1人分です

写真:豚肉となすとトマトのベジボウル

写真:豚肉となすとトマトのベジボウル
写真:豚肉となすとトマトのベジボウル

ベジボウルとは、ごはんの一部またはすべてを豆・雑穀や野菜に置き換え、たんぱく質や野菜などと一緒にボウル(丼)に盛りつけたメニューです。こんがりと焼いた豚肉と焼き野菜に、刻んだ玉ねぎの食感としょうゆのコク深い味わいのドレッシングがよく合います。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 537kcal
  • 食塩相当量 0.8g
  • 野菜摂取量 148g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

なす 2本 140g
プチトマト 8個(中) 96g
リーフレタス 3枚 60g
豚ロース肉 2枚(トンカツ用)
ご飯 160g
少々
こしょう 少々
サラダ油 適量
キユーピー 野菜もお肉もこれ1本 和風たまねぎドレッシング 適量
サラダクラブ 10種ミックス(豆と穀物) 1袋 40g

作り方

1なすは厚さ1cmの輪切りにし、水にさらして水気をきる。

2リーフレタスは冷水にさらして水気をきり、食べやすい大きさにちぎる。

3豚ロース肉はひと口大に切り、塩・こしょうをする。

4フライパンに油をひいて熱し、①と③を炒め、火が通ったら、
プチトマトを加えてさっと炒める。

5ボウルにご飯と10種ミックスを入れ、混ぜる。

6器に②、④、⑤を盛りつけ、ドレッシングをかける。

栄養成分(1人分)

エネルギー 537kcal
たんぱく質 25.3g
脂質 25.9g
炭水化物 47.3g
食塩相当量 0.8g
野菜摂取量 148g

なすを活用しよう

サラダ寿司・サラダごはんのレシピ

キユーピー 野菜もお肉もこれ1本 和風たまねぎドレッシングを使ったレシピ


素材について なすの基本情報

夏|旬は6〜9月

なすの話

なすはインド原産といわれています。なすは「成す」「生す」という言葉を連想させるためか、昔から縁起のよい野菜として親しまれてきました。初夢の決まり文句「一富士、二鷹、三なすび」も有名です。「なす紺」と呼ばれる独特の紫紺色は、アントシアンという色素でポリフェノールの一種です。味に強い個性がなく、どんな調理法にもなじむ万能野菜、油や肉との相性が良く和食だけではなく、中華やイタリアンにと幅広く使われています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す