あさりとじゃがいものトマトバジル煮

写真:あさりとじゃがいものトマトバジル煮

トマトバジルソースで煮込むだけ。あさりとじゃがいもがたっぷり入った、それぞれの食材のおいしさがたのしめる一品です。

  • 調理時間 15分
    (あさりの砂出しの時間は除く)
  • エネルギー 301kcal
  • 食塩相当量 3.1g
  • 野菜摂取量 31g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(3人分)

じゃがいも 3個 320g
玉ねぎ 1/2個 94g
あさり 200g
ベーコン 3枚 60g
少々
こしょう 少々
オリーブ油 大さじ1
キユーピー アレンジプラス トマト&バジルソース 1瓶(290g)

作り方

1あさりは塩水につけ、砂出しをしておく。
じゃがいもは洗った後ぬれたまま、乾いたクッキングペーパーで包んで、ラップをふんわりかけ、レンジ(500W)で約4分加熱し、皮をむいてひと口大に切る。

2玉ねぎは厚さ1cmのくし形切りにする。
ベーコンは2cm幅に切る。

3フライパンにオリーブ油をひいて熱し、2を炒める。
玉ねぎがしんなりしたら、1とトマトソースを加えて約10分煮込み、塩・こしょうで味をととのえる。

調理のポイント

砂出しをしたあさりは、殻と殻をこすり合わせるようにしてよく洗い、水気をきってから使用してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 301kcal
たんぱく質 10.3g
脂質 14.9g
炭水化物 31.4g
食塩相当量 3.1g
野菜摂取量 31g

じゃがいもを活用しよう

その他魚介料理のレシピ

キユーピー アレンジプラス トマト&バジルソースを使ったレシピ


素材について じゃがいもの基本情報

秋|旬は5〜6月,10〜2月

じゃがいもの話

日本で流通しているじゃがいもといえば、男爵いもとメークインが代表的、それぞれの性質はずいぶん違うので、料理に合わせて使い分けるのがおすすめです。まず、男爵は、丸くゴツゴツした形をしており、粉質で加熱するとホクホクした食感が楽しめるのが特徴で、コロッケやポテトサラダなど、マッシュして使う料理によく合います。一方、長い楕円形でつるんとしたメークインはきめの細かい粘質で、加熱するとしっとりした食感に。煮くずれしにくいので、ポトフなど、煮込み料理に向いています。

このレシピが関連するカテゴリー