ブロッコリーとえびのトマトクリーム炒め

メール
送信
写真:ブロッコリーとえびのトマトクリーム炒め

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 215kcal
  • 食塩相当量 1.7g
  • 野菜摂取量 75g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

えび(小) 8尾 140g
ブロッコリー 1/2株 110g
ぶなしめじ 1/2パック 51g
赤パプリカ 1/4個 40g
大さじ1
少々
こしょう 少々
サラダ油 適量
キユーピー レシピひろがるパスタソース トマトクリーム オマール海老のアメリケーヌ仕立て 50g

作り方

1えびは殻をむいて背ワタを取り、酒をふり、塩・こしょうをする。

2ブロッコリーは小房に分け、ぬらしたクッキングペーパーで包み、耐熱容器にのせてラップをかけ、レンジ(600W)で 約1分30秒加熱して水にとり、水気をきる。

3ぶなしめじは石づきを取り、小房に分ける。赤パプリカは、細切りにする。

4フライパンに油をひいて熱し、①を入れ、両面を焼く。焼き色がついたら、②と③を入れて炒め、ソースを加えて味をからめる。

調理のポイント

レンジの加熱時間は、様子をみて調節してください。
ブロッコリーはレンジで加熱してから水にさらすと臭みがぬけます。
ソースを入れて全体に味をからめたら、すぐに火をとめ、加熱しすぎないことがポイントです。

栄養成分(1人分)

エネルギー 215kcal
たんぱく質 17.3g
脂質 11.8g
炭水化物 9.2g
食塩相当量 1.7g
野菜摂取量 75g

えびを活用しよう

その他魚介料理のレシピ

キユーピー レシピひろがるパスタソース トマトクリーム オマール海老のアメリケーヌ仕立てを使ったレシピ


素材について えびの基本情報

旬は秋から冬

さまざまな料理に使用されるえび。

えびは養殖が盛んで、車えびやその仲間であるブラックタイガー、バナメイえびなどは、一年を通してスーパーなどで手に入れることができますが、車えびは秋から冬にかけて、甘えびは甘味が増す冬が旬です。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す