オクラとトマトとツナの釜玉風サラダうどん

メール
送信
写真:オクラとトマトとツナの釜玉風サラダうどん

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 414kcal
  • 食塩相当量 2.7g
  • 野菜摂取量 88g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(1人分)

うどん 1玉 200g
トマト 1/4個 41g
レタス 1枚 29g
オクラ 2本 18g
ツナ(缶詰) 1/2缶 35g
刻みのり 適量
あごだし釜玉うどんつゆ 1個 10.2g
キユーピーのたまご とろ~り半熟たまご 1個 49g

作り方

1うどんは袋の表示通りゆで、流水で洗いながら冷やして水気をよくきる。

2トマトは1.5cmの角切りにする。レタスは冷水にさらして水気をきり、食べやすい大きさにちぎる。
オクラは塩をまぶして板ずりし、水で洗う。ぬれたままふんわりとラップをかけレンジ(600W)で約20秒加熱し、水にとって水気をきり、長さ5mmの小口切りにする。

3器にうどんつゆと①を入れてよく和え、②、汁気をきったツナ、半熟たまごをのせ、刻みのりを散らす。

調理のポイント

加熱しないで食べられるうどんの場合は、袋の表示通りに調理してください。
うどんは水気をよくきってから盛りつけましょう。

栄養成分(1人分)

エネルギー 414kcal
たんぱく質 19g
脂質 14.8g
炭水化物 48.8g
食塩相当量 2.7g
野菜摂取量 88g

うどんを活用しよう

サラダ麺・サラダパスタのレシピ

あごだし釜玉うどんつゆを使ったレシピ


素材について トマトの基本情報

夏|旬は3〜4月,6〜8月

トマトの話

南米原産のトマトは、日本には江戸時代に観賞用として伝わったのがはじまり。食用として本格的に市場に出回ったのは昭和に入ってからだそうです。生食用の大玉トマトが一般的でしたが、中玉トマト、ミニトマトなども登場。小さめで甘みの強いフルーツトマトなど、さまざまな品種が生まれ、今では食卓に欠かせない野菜になっています。

このレシピが関連するカテゴリー