キユーピー やさしい献立

キユーピーの介護食

口から食べる、をあきらめない

年齢を重ねていくと、食べものを噛む力や飲み込む力が自然と弱くなっていきます。そして口から食べることが難しくなると、かつては点滴などで栄養を摂らざるを得ませんでした。
けれど、本当にそうするしかないのだろうか、とキユーピーは常に考えていました。
口から食べるという当たり前のことができなくなるのは、本人にとって辛いのはもちろん、支える家族にとっても、もどかしさや苦悩を伴います。
また、栄養は摂るだけではなく、その摂り方も大切。口や腸をつかうことが健康につながるのです。からだにも影響を与えるといいます。

「食のよろこびをかんたんにあきらめたくない、あきらめさせたくない」

「通常の食事から、点滴などで栄養を摂ることへの変化は大きい。
その中間にあるような食事はつくれないだろうか」。
当時の食をとりまく環境への想いからキユーピーの新たな商品開発が始まりました。

「介護食」が生まれる

「高齢の方によろこばれる商品をつくろう」

食べる人のことを考えていくと、自然と、食事を用意する人のことも考えるようになりました。誰にとってもやさしい食事であることを目指し、キユーピーはそれらの商品を「介護食」と位置づけました。
開発の過程では、健康ケア商品「ジャネフブランド」で培った経験やベビーフードの開発技術など、キユーピーならではの蓄積が活きました。

1998年、キユーピーは日本で初めて家庭用の「介護食」を販売しました。
発売当初は食事で栄養を摂ってほしいという想いから栄養強化に目を向けがちで、味や見た目が似たものばかりになってしまったことも。

「やはり、おいしく
食べていただけることが一番」

心が満たされることの大切さにあらためて気づき、おいしさを追求する
キユーピー独自の技術によって味の改良も進めていきました。

社会の大きなうねりへ

1995年に日本では65歳以上の人口が14%を超え、高齢社会に入りました。
高齢の方の食事の大切さも徐々に認知されはじめ、市場は広がりを予感させました。しかし、社会に変化を起こし、一般的な生活の中に「介護食」を定着させるためには、業界全体での取り組みが必要なのではないか。

キユーピーは他の食品メーカーや原料・包材メーカーなどにも声をかけ、2002年、日本介護食品協議会が発足。協議会では各社の基準でつくられていた食品のやわらかさに4つの基準を設けたり、それをわかりやすく伝える表示マークを統一するなどしました。

また、キユーピーは商品の安心・安全を追求した結果「介護食」の基本技術の特許を取得。この特許は業界発展のために活用されています。これらの活動が早期に「介護食」というジャンルを確立し、社会に浸透させていくきっかけにもなりました。

  • 65歳以上の人口が7%を超えると高齢化社会、14%を超えると高齢社会、21%を超えると超高齢社会と分類。

食べるたのしみをいつまでも

『キユーピー やさしい献立』は、キユーピーのこれまでの取り組みを象徴する商品であるとも言えます。噛みやすさ・飲み込みやすさを追求した「やわらか食」として、年月とともに進化しています。毎日、毎食食べても飽きないよう、バリエーションは主食から副菜、デザートにいたるまで幅広くそろいました。

食はよろこび。おいしいことはもちろん、たのしいことも大切にしたい。「介護食」の開発をとおして、その想いはますます強くなっています。年齢やライフスタイル、時代に合わせて、食卓は変化します。

さまざまなあり方に寄り添いながら、食べるよろこびをいつまでも。

それがキユーピーの変わらぬ願いです。

キユーピー
介護食のあゆみ

1998年

市販用介護食市場初めてとなる「ジャネフ介護食」8品発売
【UDF区分:歯ぐきでつぶせる 相当】

栄養とおいしさ、食べやすさを考えた介護食シリーズ

1999年

「キユーピー やさしい献立」シリーズに一新

ブランド、パッケージデザインを一新

2000年

UDF区分「かまなくてよい」相当 から「うらごし野菜」シリーズ2品を発売

野菜料理の介護食、「うらごし野菜(コーンスープ、パンプキンスープ)」を発売

特許取得

咀嚼・嚥下機能低下者用食品に関する特許取得【特許第3061776号】

市販用介護食として初めての特許。介護食の基本となる技術

UDF区分「とろみ調整」相当 かんたんゼリーの素を発売

お好みの飲み物に入れてかき混ぜるだけでゼリー状に調整できる、かんたんゼリーの素を発売。片手でも使いやすい「ディスペンパック」容器

2001年

UDFマークの前身となる4段階の「やわらかさ表示」をパッケージに掲載開始

2001年

毎日食べやすいメニュー、より使いやすい包材のアイテムを充実

  • 主食の充実をはかった「やわらかごはん」2種【UDF区分:歯ぐきでつぶせる 相当】
  • ムース状でカップ容器に入った新しい形状の「やわらかムース」3種【UDF区分:舌でつぶせる 相当】
  • 水分補給のできるデザート「ゼリー飲料」3種【UDF区分:かまなくてよい 相当】

2002年

UDF区分「容易にかめる」相当 シリーズを発売。このシリーズの発売でUDF 4区分すべてが揃いました

通常の食事に近い「形のある」介護食を容易にかめる区分から4品発売

UDF区分「舌でつぶせる」相当 シリーズにデザートを発売

舌でつぶせる区分として初となるデザート2品を発売。「和風デザート 黒糖」「やわらかプリン」

業界トピック

日本介護食品協議会 設立

ホームページはこちらから


UDFの自主規格とマークデザイン決定

日本介護食品協議会によって4つの区分と、とろみ調整の物性規格とデザインを制定。(2003年 商標登録)

やわらかさ4段階の区分はこちらから

2004年

UDFマークの掲載開始

日本介護食品協議会で定められたUDFマークをパッケージに掲載開始。UDFマークを初めて掲載した「とろみ飲料の素 緑茶」

2005年

特許取得

やわらかごはんに関する特許取得【特許第3643060号】

2006年

「とろみ調整食品」を「とろみファイン」に名称変更

業務用商品と商品名を統一

よりおいしい商品へ

おいしさをアップさせるプロジェクトをスタート

2007年

全50アイテムに拡充

8商品で発売開始したラインアップが、5年間で50商品に拡充

2009年

パッケージ上部に区分を文字で記載(インデックス表示)

やわらかさの区分をよりわかりやすくするために、UDFマークに加えてインデックスを追加

2010年

パッケージ上部に区分を文字で記載(インデックス表示)

食べやすさの区分をわかりやすくするために、業界で初めて商品のカラーリングを統一。
やさしい献立のロゴデザインを変更(マスコットの変更)

容易に
かめる

歯ぐきで
つぶせる

舌で
つぶせる

かまなくて
よい

2012年

海鮮雑炊シリーズ発売【UDF区分:舌でつぶせる】

デザイン基調を変えたシリーズ5品を発売

2013年

全商品パッケージ変更

メニュー名、食べやすさの区分、栄養成分等がよりわかりやすいデザインに一新

 

2013年

果物のおいしさを実感できる、とろけるデザート発売
【UDF区分:舌でつぶせる】

離水しない物性、果汁と果肉を15~24%配合した果物のおいしさを実感できるゼリー3品を発売

2014年

食卓に彩りを添える、ゼリー寄せシリーズ発売
【UDF区分:歯ぐきでつぶせる】

彩り具材とゼリーの透明感で、食事がもっと楽しみになるゼリー寄せシリーズ3品を発売

特許取得

経時変化を抑えたおいしさの維持に関する特許取得 【特許第5461901号】

2015年

利用頻度の高い「ごはん」を充実

舌でつぶせる区分に電子レンジでそのまま温められる「やわらかごはん(トレー入り)」、かまなくてよい区分に「なめらかごはん」を発売

特許取得

レトルトおじやに関する特許取得【特許第6333623号】

2016年

富士山の銘水で炊きあげた雑炊シリーズ発売
【UDF区分:容易にかめる】

やわらか食が初めての方でも試しやすい、素材感があって食べごたえのある新シリーズ3品を発売

より使いやすく、「とろみファイン」リニューアル
【UDF区分:とろみ調整】

スティックタイプと大容量タイプの2種類をラインアップ

2017年

『スマイルケア食「黄」マーク』を富士山の銘水で炊きあげた雑炊シリーズ全3品に掲載

スマイルケア食は、農林水産省が介護食の普及を目的に定めた新しい介護食品の愛称

業界トピック

7月11日 UDF(ユニバーサルデザインフード)の日制定

2003年の7月11日に「UDF」の名称と「UDFロゴマーク」が登録商標を受けたことから、日本介護食品協議会が7月11日を「UDFの日」として記念日制定

特許取得

嚥下困難者食用栄養補助食品に関する特許取得【特許第6103989号】

特許出願

ペースト状食品及びその製造方法に関する特許出願【特開2017-012029】

特許出願

レトルトお粥の製造方法に関する特許出願【特開2017-012043】

2018年

全57アイテムに拡充、パッケージもよりわかりやすく

舌でつぶせる区分に4品追加し、主食・主菜・副菜・デザートまで揃えた豊富なラインアップは全57アイテムまで拡充。業界動向にあわせて区分数字を削除(とろみファインは除く)、そしゃく配慮JASを取得し商品に記載(トレーごはん、とろみファインを除く)

業界トピック

区分を表す番号を削除

日本介護食協議会は、UDFマークをより見やすくわかりやすくするため、区分を表す番号を削除し、容易にかめるなどの文言のみの表示に統一

くわしくはこちらから

2019年

「キユーピー やさしい献立」 発売20周年

1999年の「キユーピー やさしい献立」の発売開始から20周年を迎えました。これからも多様化するお客様ニーズにお応えする、
「いっしょに、うれしい介護食」を実現していきます。

なめらかおかずシリーズにカップ容器入り全3品を発売
【UDF区分:かまなくてよい】

電子レンジ対応でいつでもどこでもすぐに食べられる、食べ切りやすい小容量のカップ容器入りを発売

やわらかおじやシリーズに電子レンジで温められるカップ容器入り4品を発売
【UDF区分:舌でつぶせる】

電子レンジで温められるカップ容器入りの主食メニュー4品を発売

キャンペーン実施中