蒸し鶏のみぞれ和え

[調理時間:20分]

蒸し鶏のみぞれ和え

食材はたったこれだけ!(2人分)

食材

わたしのお料理 おろし大根 ゆず仕立て

わたしのお料理おろし大根 ゆず仕立て

食材はたったこれだけ!(2人分)

食材

材料2人分

  • 鶏むね肉

    2枚(360g)

  • きゅうり(千切り)

    1本(100g)

  • 長ねぎ(千切り)

    1/2本(30g)

  • アルコールを飛ばしたお酒

    300cc

  • おろし大根 ゆず仕立て

    大さじ2

つくり方

  • お酒は予め沸騰させ、アルコール分を飛ばしておく。
    (お酒の分量は鶏肉がひたひたに浸るくらいを目安に)
  • ①の鍋に室温に戻した鶏肉を入れて中火にかける。
  • 沸騰したらフタをして蒸し煮にし、鶏肉から透明な肉汁が出てきたら、火をとめて鍋の中で冷ます。
  • 鶏肉を5mm厚でスライスして、きゅうりと長ねぎをのせて『おろし大根 ゆず仕立て』をかけてあえる。
  • つくり方1
  • つくり方2
  • つくり方3
  • つくり方4

わたしのお料理ここがポイント

  • 下味はいっさい不要で、おいしく仕上がります。
  • アルコールを飛ばしたお酒で蒸し煮にすることにより、鶏肉が柔らかく仕上がります。
  • 時間をかけたくない場合は、市販の「サラダチキン」をそのまま使ってもOKです。
  • お酒のおつまみにも最適です。
  • ご飯にのせてソースと和えても、ごはんにソースがしみて美味しく召し上がれます。

Our Cooking Partner

和知 徹 Toru Wachi(料理監修)

和知 徹

和知 徹 Toru Wachi(料理監修)

1967年 兵庫県淡路島生まれ 「銀座マルディグラ」オーナーシェフ

辻調理専門学校フランス校を卒業し、ブルゴーニュの一つ星「ランバール」で研修。

帰国後は「レストランひらまつ」へ入社、在籍中にパリ「ヴィヴァロワ」で研修。

1998年 六本木「祥瑞」のオーナーである故・勝山晋作氏が銀座にオープンさせた「グレープガンボ」の立ち上げに関わり、3年間料理長を務める。

2001年 「銀座マルディグラ」をオープン。

フランス料理にとどまらない、世界各国の料理を独自のフィルターに通した“和知料理”に定評がある。

特に肉料理のスペシャリストとして、雑誌、テレビの取材、セミナーやイベントを多数こなす他、カフェやレストランメニューのプロデュースも手がける。

毎年、国内外へテーマを決めた旅に出て、そこでの経験を料理にフィードバックすることがライフワーク。

その他レシピはこちら