お肉のレシピ

お魚のレシピ

酢を使わない さっぱり酢豚風

[調理時間:20分]

pdfつくり方PDFダウンロード

酢を使わない さっぱり酢豚風

食材はたったこれだけ!(2人分)

食材

わたしのお料理 きざみ玉ねぎ 醤油ペッパー

わたしのお料理きざみ玉ねぎ 醤油ペッパー

食材はたったこれだけ!(2人分)

食材

材料2人分

  • 豚もも肉

    180g(カレー用)

  • カットパイナップル

    1パック(150g)

  • 片栗粉

    大さじ2

  • サラダ油

    大さじ2

  • ごま油

    大さじ1

  • 少々

  • きざみ玉ねぎ 醤油ペッパー

    大さじ3

つくり方

  • 豚肉に塩をふって、片栗粉をまぶしてしっかり落とす。
  • フライパンにごま油とサラダ油を入れ中火で熱し、香りが出てきたら①を入れ、色がつくまで揚げ焼きする。
  • 肉を返したらパイナップルを加え、返した面も色づける。
  • こんがり焼けてきたら③に『きざみ玉ねぎ 醤油ペッパー』をサッとまわしかけて、全体にからめて火をとめる。
  • つくり方1
  • つくり方2
  • つくり方3
  • つくり方4

わたしのお料理ここがポイント

  • 適当な大きさにカットされ、比較的お求めやすいカレー肉でつくる豚肉料理です。
  • 豚肉に片栗粉をまぶすことで、ソースが肉によくなじみ、より深い味わいに仕上がります。
  • 火加減は最後まで中火で。中火で揚げ焼きすると肉が焦げず、きれいに焼き上がります。
  • 『きざみ玉ねぎ 醤油ペッパー』をからめた後はあまり加熱しすぎないのがポイント。
    玉ねぎの甘みとソースのとろみで、さっぱりおいしい酢豚風に仕上がります。
  • パイナップルを、ピーマンやパプリカなど彩りのよい野菜に代えてもおいしく出来上がります。

Our Cooking Partner

和知 徹 Toru Wachi(料理監修)

和知 徹

和知 徹 Toru Wachi(料理監修)

1967年 兵庫県淡路島生まれ 「銀座マルディグラ」オーナーシェフ

辻調理専門学校フランス校を卒業し、ブルゴーニュの一つ星「ランバール」で研修。

帰国後は「レストランひらまつ」へ入社、在籍中にパリ「ヴィヴァロワ」で研修。

1998年 六本木「祥瑞」のオーナーである故・勝山晋作氏が銀座にオープンさせた「グレープガンボ」の立ち上げに関わり、3年間料理長を務める。

2001年 「銀座マルディグラ」をオープン。

フランス料理にとどまらない、世界各国の料理を独自のフィルターに通した“和知料理”に定評がある。

特に肉料理のスペシャリストとして、雑誌、テレビの取材、セミナーやイベントを多数こなす他、カフェやレストランメニューのプロデュースも手がける。

毎年、国内外へテーマを決めた旅に出て、そこでの経験を料理にフィードバックすることがライフワーク。