<保存の基礎知識>
野菜にとって最適な保存環境とは

<保存の基礎知識>野菜にとって最適な保存環境とは
野菜の保存では鮮度を保つことが大切です。そして野菜の鮮度を保つうえで重要なのは植物を老化させる植物ホルモン「エチレン」から守ることです。

野菜は呼吸数が増えるとエチレンが増えるといわれています。ですから野菜の呼吸数を減らすことが保存のポイント。そのためには日光の当たらない暗い場所で、低温(2〜5℃)で保存することが大切です。

野菜の保存場所として縁の下や蔵が最適とされていますが、今の住環境に当てはめるとどの野菜も冷蔵庫(野菜室)で保存することが最適だといえます。

関連コンテンツ


他のコンテンツを見る

▲ TOP