1. TOP
  2. ソースマルシェ
  3. 野菜と卵をたのしむ新しいサラダはいかが?フランスで愛される、“ペイザンヌサラダ”

2022.03.31

野菜と卵をたのしむ新しいサラダはいかが?
フランスで愛される、“ペイザンヌサラダ”

この記事で紹介している商品

キユーピー ペイザンヌサラダ ドレッシング

さまざまなサラダやドレッシングを提案してきたキユーピーから、シーザーサラダ、コブサラダに続く新しいサラダとして“ペイザンヌサラダ”をご提案。フランス料理で使われている伝統的なソースから着想を得た、サラダと卵の味わいを引き立たせるサラダドレッシング「キユーピー ペイザンヌサラダ ドレッシング」をご紹介します。

フランスで親しまれている定番サラダを、目玉焼きとごろごろ野菜で見栄えよく!

今回ご紹介するのは「キユーピー ペイザンヌサラダ ドレッシング」。
シーザーサラダ、コブサラダに次ぐ新たな定番サラダとしてぜひ味わってほしい。そんな思いからキユーピーがご提案する、ペイザンヌサラダのためのドレッシングです。

「ペイザンヌ」は直訳すると「田舎風」という意味で、その見た目の特徴は目玉焼きと大きめに切られたごろごろ野菜。卵をいかしながら食べごたえのあるボリュームとなるよう考えられたサラダなんです。

また、サラダと卵は栄養面から見ても優れた組み合わせ。サラダの野菜だけでは摂取しきれない栄養素を卵が補完してくれるため、より理想の栄養バランスに近づきます。
詳しくはこちらのページで解説しているので、読んでみてくださいね。

  • キユーピー ペイザンヌサラダ ドレッシング

    卵とハーブの新しい味わい

サラダと卵でおいしさ広がる!卵のコクとハーブの豊かな香りが食欲をそそる

画像はイメージです。

ペイザンヌサラダを最大限味わうためにつくられたのが「キユーピー ペイザンヌサラダ ドレッシング」。
卵とハーブを使ったクリーミィな味わいのドレッシングです。

着想を得たのは、卵黄、タラゴン、エシャロット、ビネガー等からつくられるフランスの伝統的なソース。
卵のやさしい味わいとコク・うまみ、それを引き立たせるさわやかなハーブの香り、そしてディジョンマスタードとエシャロットを加えることでうまれる奥深い味わいが特徴です。

商品開発で一番のポイントとなったのは、味わいを引き立てるハーブの選定です。

卵の風味を活かすため、また日本人の口に合うドレッシングとするためにはどのようなハーブがよいのだろうか。何度も試作を繰り返した結果、卵に欠かせないフレンチのハーブミックス「フィーヌゼルブ」を参考に3種のハーブの選定に至りました。

1つ目は甘い香りとさわやかな風味が特徴のタラゴン。卵はもちろん、ビネガーとの相性もよくドレッシングに向いています。

2つ目はねぎの仲間で日本人にも親しみがあるチャイブ。マイルドな香りが特徴で、やみつき感もあるハーブです。オムレツなどによく使われます。

3つ目は甘くさわやかな香りが特徴のバジル。フランスでは「ハーブの王様」と呼ばれる人気のハーブで、日本でも広く知られています。

これら卵の甘味を引き立てるハーブの香り・風味が加わることで、食欲をそそる絶妙なバランスに仕上がりました。

また、卵のコクを出すための工夫として、キユーピーの独自素材である熟成卵黄を使用しています。うまみ成分が多く、しっかりとした卵の味が味わえます。
マヨネーズの原料でもある卵はキユーピーにとっても大切で親しみのある食材、その卵に対するこだわりは尽きることがありません。

  • "熟成卵黄"は、卵黄を卵麹で熟成させてうま味を引き出した自社開発の新素材です。
  • キユーピー ペイザンヌサラダ ドレッシング

    卵とハーブの新しい味わい

組み合わせは自由自在!
新たな定番サラダで、野菜と卵を毎日食べよう

「キユーピー ペイザンヌサラダ ドレッシング」はその華やかな黄色も特徴。目を引く色味で、かけるだけで気持ちも華やぎます。

味の仕立てがしっかりとしているので、葉物野菜だけでなく、大きめにカットした野菜、じゃがいもなどの根菜やマッシュルームのスライス、ベーコンやハムもたっぷり使ってたのしむのがおすすめです。

野菜は季節に合わせて自由にセレクト。卵は目玉焼き、茹で卵のスライス、スクランブルエッグ、温泉卵、ポーチドエッグなど調理を変えるだけで、ペイザンヌサラダのたのしみ方が広がっていきます。

アレンジイメージです。

ペイザンヌサラダはもちろんですが、ソースに着想を得たドレッシングですのでさまざまな料理に幅広く使えます。

パンメニューなら、リーフ、ポテトサラダ、スクランブルエッグ、ハム、トマトを挟み、ドレッシングをかけてサラダサンドに。また、食パンにチーズ、ハムをのせてトースターで焼き、仕上げにドレッシングをひとかけすれば、ハーブの風味が食欲をそそるオープンサンドのできあがりです。

グリル料理なら、シンプルに焼いた野菜、肉、魚にかけるだけで、かんたんにメインディッシュが完成。ドレッシングのしっかりとした味わいが素材を引き立てます。

煮込み料理のコクを出すのにも活躍。根菜がごろごろ入ったポトフにかければ奥深い味わいに。

アレンジ自在な「キユーピー ペイザンヌサラダ ドレッシング」。ぜひ、あなたなりのレシピをみつけてたのしんでくださいね。

今回お話を聞いた人

島田 翔子

キユーピー株式会社 研究開発本部業務用開発本部 商品開発担当

この記事で紹介した商品

  • 卵とハーブの新しい味わい
    キユーピー ペイザンヌサラダ ドレッシング

こんな商品もおすすめ

  • キユーピー コブサラダドレッシング

    アメリカ西海岸を発祥の地とし、日本の食卓にも広がりを見せる「コブサラダ」。「キユーピー コブサラダドレッシング」は、かけるだけで人気のコブサラダをご家庭で気軽におたのしみいただけます。

  • キユーピー シーザーサラダドレッシング

    パルメザンチーズの香りと食感をいかし、黒こしょうで仕上げました。鶏肉やアボカドのサラダによく合います。