1. TOP
  2. ビネガーマルシェ
  3. 特集記事一覧
  4. “麦芽”からお酢!?芳醇な香りとコクのモルトビネガーでいつもと違う一皿を

2020.12.24

“麦芽”からお酢!?芳醇な香りとコクのモルトビネガーでいつもと違う一皿を

この記事で紹介している商品

芳醇モルトビネガー

“麦芽”から生まれたビネガーのめくるめくおいしい世界。芳醇な香りと奥深いコクが魅力の「芳醇モルトビネガー」をご紹介します。

世界で愛されている洋風酢「モルトビネガー」

モルトビネガーは、その名の通り「モルト=麦芽」からつくられるお酢。大麦を原料とすることで、まろやかな酸味と少し洋酒を思わせる香り、褐色の色合いが印象的なビネガーです。日本ではあまりなじみはありませんが、世界では広く愛されている調味料です。
アメリカではポテトサラダなどに使うマヨネーズに、フランスやイタリアでは料理のソースに使われています。また、イギリスではソウルフードともいわれる「フィッシュ&チップス」に、揚げたフィッシュが泳ぐくらいたっぷりモルトビネガーをかけて食べます。モルトビネガー独特の風味と香り、奥深い味わいが、素材や料理を引き立ててくれるのです。

日本におけるモルトビネガーの歴史はキユーピーから

日本のお酢の多くは米からつくられますが、洋風酢はりんごやぶどうなどの果実や大麦麦芽などの穀物を使ってつくられるお酢。原料が違えば、香りも味わいも違う、バラエティ豊かに広がる魅惑の調味料なんです。

そして、日本における洋風酢誕生の原点こそキユーピーに。100年ほど前、創始者 中島董一郎がアメリカでマヨネーズと出会い、ぜひ日本にも紹介したいとの想いをもち、製造・販売しようと考えました(マヨネーズを日本で初めてつくったのはキユーピーなんです。ご存知でしたか?)。そのマヨネーズづくりにおいて味の決め手となるのが、モルトビネガーやアップルビネガーといった洋風酢。当時、日本には大量に洋風酢をつくるところがなく、それならば自分たちでつくろうと考えたのが始まりでした。

  • 芳醇モルトビネガー

    “モルト”でつくったお酢

長年追い求めたビネガーの芳醇な香りと
豊かな甘みとコク

理想的なおいしさを追い求めて、マヨネーズの歴史とともに始まったキユーピーのビネガーづくり。「芳醇モルトビネガー」は、モルトビネガーならではの香りのよさや独特な味わいをもっと食卓でたのしんでもらいたいと開発されたもの。長年にわたり培ってきた技術とこだわり、情熱が注ぎ込まれています。

こだわりポイント1つ目は、贅沢に使った大麦麦芽

「芳醇モルトビネガー」は大麦麦芽をたっぷり贅沢に使用し、深いコクや風味をつくりだしています。
麦芽をそのまま粉砕し仕込むことで、皮からでてくるポリフェノールやミネラルなどの苦味や渋みが、複雑なうま味、濃厚なコク味へとつながります。

こだわりポイント2つ目は、独自の発酵技術

酢酸菌を使って酢酸発酵する際に、菌が最も働きやすい環境を整え、香りよく仕上げるための工夫をしています。ここには長年の技術やノウハウが凝縮されています。

こだわりポイント3つ目は、時間をかけて熟成させること

発酵が終了したら、ゆっくりと熟成。熟成中にだんだんと味がまろやかになり、芳醇な香りに。色味も濃く深まっていきます。「芳醇モルトビネガー」の香りや深いコクは、これら原料、発酵技術、熟成期間が織り成して育んだものなのです。

「芳醇モルトビネガー」の芳醇な香りを生みだす3つのポイント ・原料となる大麦麦芽をたっぷり贅沢に使用 ・香りよく仕上げる独自の発酵技術 ・発酵終了後ゆっくりと熟成
  • 芳醇モルトビネガー

    “モルト”でつくったお酢

いつものお酢をかえるだけで、
味わい深く新鮮なお料理に!

例えば普段使っているお酢を「芳醇モルトビネガー」に置きかえるだけで新鮮な味わいをたのしんでいただけます。
揚げ物や肉料理、煮込み料理とも相性がよく、洋風料理の仕上がりに。中華料理とも相性がよく、餃子や焼売など点心料理のつけだれにもおすすめです。

「芳醇モルトビネガー」に砂糖、刻み唐辛子、塩、おろしにんにくを加えてつくるスイートチリソース。揚げ物や点心料理の甘辛味のつけだれに。

「芳醇モルトビネガー」×オイルで手づくりドレッシング

「芳醇モルトビネガー」はオリーブオイル、アマニ油、ごま油などオイルとも相性がバツグン。ビネガーとオイルを1:1で合わせて、塩や醤油で味付けすればドレッシングのできあがり。お好みで胡椒やバジルなどスパイスを加えたり、にんにくや生姜、ごま、大葉などを加えたり、ちょい足しでレパートリーが広がります。

ビネガーを半量以下まで煮詰めてさらに芳醇なソースに

ヨーロッパではビネガーをフライパンや鍋で煮詰めてソースにしてよく使います。例えば、お肉をフライパンでソテーしたら、お肉は皿に取り、肉汁の残ったフライパンに「芳醇モルトビネガー」を加えて半量以下まで煮詰めていきます。さらに酸味がまろやかになり、ビネガーのうま味が濃厚に。仕上げにオリーブオイルやバターを加えると絶品ソースのできあがり!

「芳醇モルトビネガー」のソースを使った料理は、モルトが原料なだけあって、ビールやハイボールとも相性バツグン。

また「芳醇モルトビネガー」はビネガードリンクにもおすすめ。水で割って、少しはちみつを入れてみて。豆乳や炭酸水で割るのもGOODです。料理はもちろん、ヘルシーな飲み物として注目されているビネガードリンクとしてもぜひ味わってみてください。

こんな商品もおすすめ

  • 芳醇アップルビネガー

    果汁をたっぷり使用したりんご酢。芳醇でフルーティな香りは、料理はもちろんビネガードリンクとしても。

  • 芳醇赤ワインビネガー

    赤ワインの風味をいかした、深みのある濃厚な味わいのぶどう酢。煮込み料理のかくし味や煮詰めてソースに。

  • 芳醇白ワインビネガー

    果汁をたっぷり使用したぶどう酢。深みのある芳醇な香りとコクは、ドレッシングやマリネにおすすめ。

このページをシェアする!
  • LINEで送る