1. TOP
  2. ビネガーマルシェ
  3. 特集記事一覧
  4. 人気フレーバー「レモン」がさわやかなあんかけに!新たな食のたのしみ方を提案

2020.12.24

人気フレーバー「レモン」がさわやかなあんかけに!
新たな食のたのしみ方を提案

この記事で紹介している商品

レモンあんかけのたれ

料理の仕上げにかけるだけでおいしく仕上がる、料理上手を応援するアイテムはいかが?透明感があって料理の彩りを引き立てる、レモン風味のあんかけ!その開発にかける想いとおすすめの使い方を紹介します。

新たな食のたのしみ方、レモン風味のあんかけ

“あんかけ”ってどんなイメージでしょうか? とろみで素材と調味の味わいとを絡ませ、舌ざわりよく仕上げてくれるおなじみの調理法ですよね。一方で、片栗粉を水で溶き、加熱してとろみを加減する、少し手間のかかる調理法でもあったり、醤油などで味付けしたら黒っぽく仕上がるなど、仕上がりの色味はほかの調味料に左右されることも多い印象ではないでしょうか。
もしも、加熱調理などの手間もなく、料理の色も引き立て、仕上げにかけるだけで味が決まる“あんかけ”があったとしたら? きっと毎日のお惣菜づくりの強い味方になってくれるはず!

そう考えた開発担当者は、おなじみの調理法“あんかけ”に何か異なるアプローチができないかと考え、仕上げにかけるだけで使える便利な「あんかけのたれ」の製品化を発案。さらに、さまざまな調査をもとに市場におけるレモン味の需要を感じたことから、“あんかけ”のフレーバーにはレモンを選定し、新たな食の提案として「レモンあんかけのたれ」を開発しました。

これまで、ライフスタイルの多様化や少子高齢化などの社会環境の変化に合わせて、お客様の食と健康を考えた商品を世へ送り出してきましたが、この「レモンあんかけのたれ」の開発は新たな挑戦となりました。

さわやかなレモン風味を実現するために

レモン風味を実現するためには、さまざまな挑戦がありました。

商品開発においては、アンケート調査や試作品の試食を重ね、協議しながら「料理にかけたときにおいしい味」をめざして開発を進めていきました。

こだわりのレモンビネガーと白ワインビネガーを使用し、すっきりとした酸味に仕上げました。レモンピール・レモン果汁を使用することで、レモン風味にこだわっています。原料となる果実酢は酢酸菌を使って酢酸発酵する際に、菌が最も働きやすい環境を整え、香りよく仕上げるための工夫をしています。

使い方はかけるだけ!レモンの風味で彩られる食材

いよいよ完成した「レモンあんかけのたれ」は、レモンを感じさせる薄黄色の透明なたれなので、食材そのものの彩りをいかすことができるのが最大の特徴。
味も、甘みを抑えることでレモン風味のスッキリ感が際立ち、食材そのものの甘さをいかすことのできるたれになりました。

「レモンあんかけのたれ」は、さっぱりとさわやかな味わい。揚げ物にかけるのもいいですし、鶏肉や白身魚など淡白な味わいの素材に合わせるのもおすすめです。

透明感のあるたれですので、パプリカやなす、トマトといった色鮮やかな野菜と合わせると食材の色がキレイに演出できます。また、甘みを引き立てるので、かぼちゃやさつまいもなど甘味のある野菜ともよく合います。
例えば、素揚げにした季節の野菜と鶏肉の竜田揚げを盛り付け、仕上げに「レモンあんかけのたれ」を回しかければ、メインの一皿ができあがり!

ほかにも、アボカドなどコクのある食材とも相性バッチリ。アボカドのまろやかな口どけに適度な酸味が後を引くこと間違いなしです。
マヨネーズとも味の相性がよいので、例えば、さつまいものポテトサラダの味付けに加えるだけで、風味が格段とアップします。
スライスして炒めたにんじんとたまねぎに「レモンあんかけのたれ」を合わせて野菜ソースだれにする使い方もおすすめ。さっぱり系のバーベキューソースとしても、ぜひお試しあれ!

こんな商品もおすすめ

  • 黒酢あんかけのたれ

    大麦黒酢のコクのある味わいと華やかな香りが特徴です。適度なとろみが食材と絡みやすく、揚げ物や肉料理におすすめです。

  • 南蛮とろみのたれ(りんご酢)

    「りんご酢」を使用した風味豊かな南蛮風の調味料です。りんご酢のフルーティーな風味と唐辛子の辛味で、魚や肉料理をさわやかな味わいに仕上げます。

  • 南蛮とろみのたれ(黒酢)

    「大麦黒酢・米黒酢」を使用した南蛮風の調味料です。大麦黒酢と米黒酢のコクと香り、唐辛子の辛味で、肉料理や揚げ物を深みのある味わいに仕上げます。

このページをシェアする!
  • LINEで送る