成長に合わせた素材と味つけで赤ちゃんの発育をサポート おいしさとの出会い ハッピーレシピ

離乳食に対するママの想い いろいろな食材・味を経験してほしい。食べる喜びを知って欲しい。しっかり栄養をとってほしい。でもわからない…。難しい…。

そんなママの声にお応えして…

おいしさとの出会い ハッピーレシピ

「ママも赤ちゃんもうれしい」が詰まった「ハッピーレシピ」

  • 赤ちゃんもうれしい
  • ママにもうれしい

赤ちゃんもうれしい

赤ちゃんの発育をサポートする仕立て

◆味覚を育む 離乳食期は食事への意識とともに、味覚が形成され始める大事な時期。だしをいかしたうす味を基本として、素材そのものの味を大切にすることが、赤ちゃんの味覚を育てます。

POINT 月齢に合わせた「味つけ」

ハッピーレシピは、赤ちゃんの味覚形成を考えた味づくりで、おいしさを追求しました。

  • だしの使い方を工夫し塩分控えめ
  • 素材のうま味を引き出した深い味わい
  • 月齢に合わせた味つけの変化

塩分は控えつつも、月齢に合わせて変化をつけています。 5ヵ月頃から 素材そのものの味→12ヵ月頃から 少量の香辛料やごま油などで味つけ

◆食べる力を育む 離乳食は赤ちゃんの食べる機能や意欲を適切に引き出して、食事の楽しさを体験し、「自ら食べる力」を育むために必要なプロセスです。赤ちゃんの消化吸収機能や噛む力の発達に合わせて、量や固さ、食材の種類を変えてあげることが大切です。

  • POINT1 月齢に合わせた「素材の選び方」
  • POINT2 月齢に合わせた「具材の大きさ・固さ」

ハッピーレシピは月齢に合わせた「素材選び」と「具材の大きさ・固さ」で、赤ちゃんの発育をサポートします!

やわらか加工で食べやすさアップ!製法の工夫により、鶏肉やたらをよりやわらかく加工して、赤ちゃんに適した固さにしています。

月齢別の離乳食の目安

  • 5〜6ヵ月頃 なめらかにすりつぶした状態で、1回1さじずつからスタート。
  • 7〜8ヵ月頃 舌と上あごを使って、やわらかい食べ物をつぶしていきます。
  • 9〜1ヵ月頃 歯ぐきでつぶせる固さのものが食べられるようになります。
  • 12〜18ヵ月頃 歯ぐきで噛める固さのものが食べられるようになります。

※月齢はあくまでも目安です。個人差がありますので、赤ちゃんの発育に合わせて選びましょう。

もっと詳しく知りたい方はこちら

教えて!離乳食のコツ

ハッピーレシピは赤ちゃんに「食べることを好きになってもらいたい」という想いで彩り豊かなメニューを揃えました。

ページトップへ戻る

ママにもうれしい

着色料・保存料・香料不使用

賞味期間が長いのは、容器に工夫があるほか、しっかり加熱殺菌しているからです。着色料・保存料・香料は使用していません。

手づくりの参考にもなる情報

初心者ママにもわかりやすい!手作り離乳食の参考にもなる情報をハッピーレシピのパッケージに盛り込みました!

どんな素材を使えば良いの? 主な使用素材をわかりやすく明記しました。

赤ちゃんの発達に合わせてどんな素材を足していけば良いの? その月齢から食べられる素材を入れました。(12ヵ月頃からを除く)※月齢はあくまでも目安です。個人差がありますので、赤ちゃんの発育に合わせて選びましょう。

アレルギーが不安。うちの子食べられるの? アレルギー情報を一目で確認できます。

他に何を組み合わせたら良いの? 商品の詳しい情報と、この商品を使った「おすすめ献立」をQRコードから簡単にチェックできます。 モバイルサイトで簡単確認♪

ハッピーレシピを使った簡単!おすすめ献立例を見る

ご使用いただいているママに聞きました。ママにも赤ちゃんにも大好評です!

商品ラインアップ

たらのクリーミィドリア 五目煮込みうどん まろやかチキンライス かぼちゃとツナのグラタン 牛そぼろの肉じゃが 鶏とたまごのおじや スパゲティナポリタン 鶏レバーと野菜の和風煮 鮭のクリームシチュー 鶏とひじきのあんかけ ポークカレー たらと野菜の中華どん ひじきあんかけハンバーグ 肉どうふ 白身魚と根菜の和風煮 おやこどん

アレルギー特定原材料7品目不使用商品 アレルギー特定原材料7品目不使用タイプも充実のラインアップ!【小麦・卵・乳・そば・落花生・えび・かに】は使用していません。

にんじんとかぼちゃのおかゆ コーンがゆ 白身魚と野菜の雑炊 ささみと野菜のリゾット 豆と野菜のおじや 鶏ときのこの雑炊 とり五目ごはん 鶏レバーと野菜のトマト煮 鮭のポテトクリーム煮 まぐろと大根のわかめごはん かれいとひじきの煮物 野菜の豚そぼろあんかけ チキントマトシチュー 牛そぼろ野菜あんかけ 豚肉と大豆のトマト煮 チキンのかぼちゃシチュー

ページトップへ戻る