ヒアベスト®(S)LF-Pの研究

研究のやりがい

ヒアルロン酸は肌の水分保持や膝関節のスムーズな動きにおいて重要な役割を担っていますが、加齢に伴い体内のヒアルロン酸は減少してしまいます。ヒアルロン酸を食べて補給することでお客様の健康や美容に貢献したいという思いから、キユーピーは世界に先駆けて食べるヒアルロン酸の研究にいち早く取り組んできました。特に、肌の保湿効果について様々なデータを取得し、ヒアルロン酸を食べることで体の内から肌を潤すことができます。食べるヒアルロン酸で多くのお客様が生き生き過ごす手助けができることが研究を行う原動力になっています。

研究時の苦労話

食べるヒアルロン酸の肌の保湿効果を確認するだけではなく、「どうしてヒアルロン酸を食べることで肌が保湿されるの?」というお客様の声に答えられるよう、メカニズムの解明にとりかかりました。どうやって吸収されるのか、吸収された後どうなるのか、一つひとつ研究をすすめ、近年では少しずつ吸収のメカニズムが明らかになってきました。今後は、食べるヒアルロン酸が科学的にも肌への効果が確認されていることを、国内および世界に向けて発信することが課題だと思っています。

今後の展開

ヒアルロン酸は肌の保湿以外にも様々な可能性を秘めています。最近の研究では、食べるヒアルロン酸が肌の紫外線ダメージに対して効果があることがわかってきています。紫外線はシワなどの老化症状を誘導する最も大きな要因です。今後は保湿だけではなく、アンチエイジング素材としての効果についても研究開発を進めていきます。

その他の商品の開発ストーリー

ヒアロナノ®の開発

ヒアベスト®(J)の開発

ヒアベスト®(S)LF-Pの研究

ヒアロキャッチ®の開発

ヒアロオリゴ®の開発

ヒアロベール®の開発

ヒアロリペア®の開発