ヒアロオリゴ®の開発

開発のきっかけ

私がこの開発を始めたのは、入社2年目くらいだったと思います。今までにないヒアルロン酸を作ってやろうというモチベーションが高かったですね。当時は「ヒアルロン酸といえば高分子」や、「分子量が高ければ高いほど良い」という雰囲気がありました。そのため、逆に低分子はどうなんだろうという興味が湧いたのがきっかけです。

開発時の苦労話

「粘度のないヒアルロン酸」、「低分子のヒアルロン酸」というものの良さをご理解いただくのに苦労しました。開発前のお客様へのヒアリング調査では、『ヒアロオリゴ®』の可能性は理解していただいたものの、どう使ったらよいかイメージがつかないというコメントが多かったです。もっとこういうデータをとったほうが良いなどアドバイスをいろいろいただきましたね。ご紹介に行き、ご紹介先からアイデアを頂いて帰ってくるというような感じで、毎回勉強させてもらいました。

開発時のこだわり

「とにかくオリジナルのヒアルロン酸を」ということで、今までに無いものであるという点がこだわりです。ヒアルロン酸自体もそうですし、機能性データについても従来と軸を変えて取得しました。というのも高分子ヒアルロン酸を否定するものであっては何の意味もないからです。従来のものとは保湿のメカニズムが違うから併用できるんだという点を常にイメージして開発した製品です。

その他の商品の開発ストーリー

ヒアロナノ®の開発

ヒアベスト®(J)の開発

ヒアベスト®(S)LF-Pの研究

ヒアロキャッチ®の開発

ヒアロオリゴ®の開発

ヒアロベール®の開発

ヒアロリペア®の開発