みじん切り

材料を細かく刻む方法。
玉ねぎの場合は、縦半分に切り、芯を切り離さないようにして縦に切り込みを入れる(切り込み幅は0.5〜1cmぐらい)。
その次に向きを変えて、まな板と水平方向に切り込みを入れ、あとは端から縦に包丁をザクザク入れるとうまくできます。
みじん切りは火の通りがよく、加熱時間が少なく、調味料がしみ込みやすくなる切り方です。
ハンバーグ、コロッケ、ぎょうざなどの下ごしらえ、スープのベース作り、たれやドレッシング作りに利用します。


向いている野菜


おすすめコンテンツ