せん切り

細かく線状にきざむ切り方で、千六本ともいいます。せん切りは繊維に対して、向きを変えると食感や味わいが変わるという特徴があります。
たとえばキャベツの場合、固い繊維部分には豊富な甘み成分が入っていますので、繊維に対して垂直に切ることで甘みと固い部分がほどよく混じりあい食感が良くなります。 生で食べる場合は、ドレッシングやたれのしみこみがよく、食感もよくなります。また加熱する場合も、短時間で加熱できます。


向いている野菜


おすすめコンテンツ